So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

[Nゲージ新刊] 鉄道模型Nゲージ大図鑑2018 (ネコ・パブリッシング) [Nゲージ]

毎日、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にたくさんのアクセス、ありがとうございます!!

現在、たくさんアクセスを頂いている、「でんしゃでGo!Nゲージ入門ガイド」内の「Nゲージ総合カタログの購入方法」の内容を更新しました。

「鉄道模型Nゲージ大図鑑 (Nゲージ・ニューモデルズ)について」に2018年3月5日発売の最新刊「鉄道模型Nゲージ大図鑑 2018」を追加いたしました。

鉄道模型Nゲージ大図鑑2018 (ネコ・パブリッシング)



<発売日>
 2018年3月5日

<仕様・発売日>
 A4変形国際判・全236頁 / 1,574円+税(税込1,700円

<主な内容>
・巻頭インタビュー 半田健人 鉄道の魅力を語る

・メーカー担当者に聞く昨年の展開と今年の展望
 ( KATOT /TOMIX / マイクロエース / グリーンマックス )

・蒸気機関車
・電気機関車
・ディーゼル機関車
・電車(国鉄・JR)
・鉄道コレクション
・気動車
・客車
・貨車

neko_2018_1.jpg


・1:150コレクタブルアイテム
・バラエティ編
・パーツ&アクセサリー

neko_2018_2.jpg


・愉しさいっぱい!! タタミ2畳分に詰め込んだ世界

neko_2018_3.jpg


・マグネマティック・カプラーで入換運転を愉しむ!
・鉄道コレクションパーツリスト
・索引
                                など

バックナンバー等は、当ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)内、「でんしゃでGo!はじめての「Nゲージ」(鉄道模型) 入門ガイド」(http://sotobou.web.fc2.com/mokei/)をご覧ください。

2017_n_logo.jpg

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にも、遊びにきてくださいね♪ 内容は、Nゲージ入門(鉄道模型)ガイド、JR外房線ガイド(車両・歴史・廃線など)、クラブミュージック/クラブジャズ/洋楽の名盤CDガイドです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ 鉄道コム もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

[感想本] 京葉臨海鉄道配線略図、神奈川臨海鉄道配線略図・鶴見線貨物回顧 [国鉄残映]

今月、Amazonで購入した3冊です。今回は、好きな鉄道貨物・臨海鉄道についての本の感想です。

20180121_1.jpg

(左: 鶴見線貨物回顧 / 中: 川崎貨物駅・神奈川臨海鉄道配線略図 右: 京葉臨海鉄道配線略図)


まず、1冊目の京葉臨海鉄道配線略図(配線略図.net)



内容説明:
1日十数往復の貨物列車が行きかい、日本有数の貨物鉄道として知られる京葉臨海鉄道。1970年代と比べれば接続する専用線の数は激減したものの、現在でもほぼ全駅で貨物取扱があります。本書では、全線の配線略図と(ほぼ)すべての専用線・廃止専用線を記載した地図で京葉臨海鉄道を紹介します。

また、巻末では「京葉線の貨物駅4駅」と題し、京葉線沿線に計画されていた未成貨物駅(有明駅、行徳駅、鷺沼駅)と建設されたものの廃止された千葉貨物ターミナル駅の現地調査を行いました。これらの駅については、都心の壮大な未成計画でありながら資料が少なく詳細は明らかになっていませんが、現地には計画の痕跡がはっきりと残っています。千葉貨物ターミナル駅については航空写真・各種資料から作成した1970年ごろの配線略図を掲載しています。

収録配線略図:
•京葉臨海鉄道臨海本線(蘇我駅、千葉貨物駅、京葉市原駅、浜五井駅、玉前駅、甲子駅、前川駅、椎津駅、北袖駅 京葉久保田駅)
•京葉線千葉貨物ターミナル駅・京葉臨海鉄道食品南線・食品北線(1970年頃の配線)
•京葉線新港信号場

仕様:
B5判 / 本文カラー4ページ・白黒40ページ

感想:
やはり地元千葉の臨海鉄道なので、通勤や日常で鉄道に乗る時に蘇我駅までディーゼル機関車が着ているので、よく目にしています。また、国道16号線に線路が並走している部分が多いのでどのような配線になっているのが気になっていました。

20180121_3.jpg

(左: 千葉貨物駅 京葉臨海鉄道創立50周年記念イベント時 / 右: 蘇我駅)


本では既に廃線になった部分や計画線の記載があるので、Googleマップで散策する時にとても参考になります。

20180121_2.jpg


また、千葉貨物ターミナル駅などかつて京葉線にあった貨物駅・引込線など詳しく書かれておりとても参考になりました。(以前、京葉線に乗ると千葉貨物ターミナル駅のヤード跡が見れたのですが、当時は鉄道趣味から遠ざっていたのが写真など撮りに行かなかったのが悔やまれます)

ですが、以前Amazonで購入したDVD「JR貨物高速コンテナ1091列車」(文化放送開発センター)に



20180121_4.jpg


20180121_5.jpg


平成元年(1989年)に撮影された、蘇我駅 ~(京葉線)~ 千葉貨物ターミナル間が収録されています。

20180121_6.jpg

(JR東日本: 蘇我駅 15:39発)


20180121_7.jpg

(JR貨物・京葉臨鉄: 千葉貨物ターミナル駅 15:50着)


20180121_8.jpg

(千葉貨物ターミナル駅のヤード: 左側が京葉線、奥が蘇我方面)


2冊目は川崎貨物駅・神奈川臨海鉄道配線略図(配線略図.net)



内容説明:
東京湾岸の工業地帯に位置する川崎貨物駅・神奈川臨海鉄道3路線の配線略図と調査レポートです。臨海鉄道周辺には石油やその他の化学工場が多く立地するため、多くの専用側線が接続していました。そのうちのいくつかは現在でも現役で活躍していて、廃止されたものについても痕跡をうかがい知ることができます。本書では現役の専用線すべてを写真・配線略図付きで紹介するほか、廃止されたものについても現地で取材を行っています。

このほか、東京貨物ターミナル・新幹線大井車両基地の配線略図も収録しています。東海道貨物線の途中駅として建設されながら、20年近く終着駅として使用されてきた同駅の配線にも興味深いものがあります。

仕様:
B5判 / 白黒28ページ

感想:
以前「ブラタモリ」(NHK)で神奈川臨海鉄道の本牧埠頭駅、横浜本牧駅などが紹介され気になっていますが、

20180121_9.jpg

(ブラタモリ 第2シリーズ・第6回 横浜 港湾編 [2010年12月2日放送分]より)


一般人は中々立ち入ることが出来ない地帯なのでとても興味深く拝読しました。この本も前出の「京葉臨海鉄道配線略図」同様に写真と配線図が豊富で実際に訪問した気分になります。

20180121_12.jpg


最後は、RM LIBRARY 124鶴見線貨物回顧(ネコ・パブリッシング)



内容説明:
●鶴見線とその周辺の略史

●鶴見線各駅と専用線の貨物情勢を見る
 ・扇町駅
 ・扇町・昭和電工
 ・扇町・三井埠頭
 ・扇町・三菱石油
 ・浜川崎・東洋埠頭地区
 ・浜川崎駅
 ・浜川崎・日本鋼管川崎製鉄所
 ・浜川崎・日本鋼管水江製鉄所
 ・浜川崎・第一セメント
 ・安善駅
 ・大川駅
 ・浜安善駅
 ・浅野駅
 ・新芝浦駅
 ・鶴見川口駅
        ほか

鉄道ホビタス: RM LIBRARY124『鶴見線貨物回顧』発売中です。

仕様:
B5判 / 白黒55ページ

感想:
鶴見線の歴史がこの一冊に凝縮されており、この路線の栄枯盛衰を実感しました。私的には首都圏の秘境駅「海芝浦駅」などローカル線のイメージしかなかったのですが、昔は引き込み線が無数にあり一大工業地帯だったんだなと思いながら拝読しました。

20180121_10.jpg


20180121_11.jpg


最後に
これら3冊を読んで、昭和30年~40年頃は鉄道による貨物輸送の黄金期で、その後急激にトラックへシフトし鉄道輸送が先細りしたことがよく分かります。昨今、環境問題・少子高齢化に伴う労働力不足によるモーダルシフトが叫ばれていますが、適材適所で鉄道を再活用・活性化して欲しいですね。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

※この記事で使用した画像・映像等の著作権,商標権又はその他の知的財産権画像などは全て権利者に帰属します。

ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にも、遊びにきてくださいね♪ 内容は、Nゲージ入門(鉄道模型)ガイド、JR外房線ガイド(車両・歴史・廃線など)、クラブミュージック/クラブジャズ/洋楽の名盤CDガイドです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ 鉄道コム もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

[渡辺美里・80年代アーカイブス7] BREATH -30th Anniversary Edition- ?? [[80年代] 音楽・EPICソニー]

元旦に「スマートニュース」アプリの音楽ナタリーを読んでいたら、「渡辺美里「ribbon」30周年記念盤リリース決定」(ribbon -30th Anniversary Edition-)という記事がありました。

20180102_1.jpg


この「ribbon」(1988年)は、渡辺美里のオリジナルアルバム4枚目となりますが、どうして、3枚目のアルバム「BREATH」(1987年)の30周年記念盤「BREATH -30th Anniversary Edition-」を昨年2017年に発売せず、「BREATH」をスルーして「ribbon」発売になったのか理解に苦しみます。

misato_breath.jpg

(所有している当時のLP盤「BREATH」)


ちなみに2枚目のアルバム「Lovin' you」(1986年)の30周年記念盤はこのブログでも紹介しましたが、「Lovin' you -30th Anniversary Edition-」として2016年にリリースされ、当ブログでも紹介しています。

2016/09/27
[渡辺美里・80年代アーカイブス5] 感想・レビュー・無料全曲試聴有 「Lovin' you -30th Anniversary Edition-」



「ribbon」はもともとベスト盤的位置づけだったので、渡辺美里の必聴盤と言えば「Lovin' you」「BREATH」だと個人的には思っています。

「BREATH」全曲紹介 (無料試聴あり)



1. BOYS CRIED (あの時からかもしれない) 作曲:伊秩弘将、編曲:西平彰
2. HAPPY TOGETHER 作曲・編曲:佐橋佳幸
3. IT'S TOUGH 作曲:伊秩弘将、編曲:西平彰
4. MILK HALLでおあいしましょう 作曲:佐橋佳幸、編曲:清水信之
5. BREATH 作曲:伊秩弘将、編曲:清水信之
6. RICHじゃなくても 作曲:渡辺美里、編曲:清水信之
7. BORN TO SKIP 作曲:木根尚登、編曲:清水信之
8. HERE COMES THE SUN (ビートルズに会えなかった) 作曲:小室哲哉、編曲:西平彰
9. PAJAMA TIME 作曲:小室哲哉、編曲:清水信之
10. 風になれたら 作曲:渡辺美里・佐橋佳幸、編曲:佐橋佳幸

全作詞:MISATO

前作2rd.アルバム「Lovin' you」は、最大のヒット曲「My Revolution」が入り、コンポーザーに小室哲哉岡村靖幸の両名、アレンジャーに大村雅朗という組み合わせでしたが、

3rd.アルバム「BREATH」はコンポーザーに小室哲哉、後に4人組みダンスボーカルグループ「SPEED」を手がけた「伊秩弘将」、アレンジャーに後に宇多田ヒカルのプロデュースに関わった「西平彰」、

渡辺美里自身も作詞 (MISATO名義)やセルフプロデュースをするようになり、彼女の母校・都立松原高校の先輩に当たる佐橋佳幸清水信之も加わり、捨て曲が無く彼女のキャリアにとっても重要なアルバムだと思います。

misato_sahashi.jpg

(左から、清水信之・EPO・佐橋佳幸・渡辺美里)

(名曲のかたわらに サハシあり~ギタリスト佐橋佳幸・30周年記念公演より)


「BREATH」のアルバムのジャケットは、キング・クリムゾンのプログレの名盤「クリムゾン・キングの宮殿」のような顔面アップ写真、LP盤だとスゴイインパクトです(苦笑)

20180102_3.jpg

(左: クリムゾン・キングの宮殿 / 右: BREATH)


ちなみに「BREATH」自体のリマスターは2010年にデビュー25周年記念コンプリートアルバムボックス「Wonderful Moments 25th」として発売されています。



ただ、私自身5th.アルバム「Flower bed」までの80年代にリリースしたアルバムしか興味がないので購入せず、「BREATH」単品での発売を心待ちにしていただけにちょっとショックです・・・。

このブログでは、「BREATH」の新たに加わった伊秩弘将、西平彰の両氏について少し触れてみました。

伊秩弘将

3rd.アルバム「BREATH」の8th.先行両A面シングル「IT'S TOUGH / BOYS CRIED (あの時からかもしれない)」とタイトル曲「Breath」の作曲を手がけています。伊秩弘将作曲で一般に有名なのは、「恋したっていいじゃない」だと思いますが、この3曲も負けず劣らず名曲です。

misato_izuchi.jpg

(所有している当時のシングル盤)


特に「Breath」は、しっとり聴かせるバラードで、清水信之のアレンジもとても素晴らしいです。渡辺美里の作詞能力も高く次アルバムの「悲しいね」とか少し大人な感じがよかったのに、どうして90年代に入ってアルバム「tokyo」「Lucky」など歌詞が幼稚で語呂合わせのもの的になったのがとても残念です。



初めて伊秩弘将のお顔を拝見したのは、90年代に秋元康プロデュースの期間限定ユニット「ICE BOX」のメンバー(吉岡忍、池田聡、中西圭三、伊秩弘将)の一人として今も販売している森永製菓の氷菓「ICE BOX」のPV風のCM(曲は「冷たいキス」 )でした。

20180102_2.jpg

(左から、中西圭三、伊秩弘将、池田聡、吉岡忍 / 伊秩弘将)


西平彰

前出の「IT'S TOUGH / BOYS CRIED (あの時からかもしれない)」、「HERE COMES THE SUN (ビートルズに会えなかった)」のアレンジを手がけています。

特に「IT'S TOUGH」は、それまでの5thシングル「My Revolution」 、5thシングル「Teenage Walk」のような青春品行方正ソングとは違った、ちょっとR&Bっぽい感じが渡辺美里の多彩な楽曲の幅を広げた感があります。



西平彰と言えば、一般に有名なのは宇多田ヒカルのデビューシングル「Automatic」のアレンジをはじめ、ファーストアルバム「First Love」のプロデュースワークに関わっています。




宇多田ヒカル - First Love -15th Anniversary Deluxe Edition-


また、西平彰自信も1999年4月2日に行われた宇多田ヒカルのファーストライブにキーボード奏者としても参加しています。

20180102_4.jpg

(宇多田ヒカル - First Love -15th Anniversary Edition-、LUV LIVEより)


HERE COMES THE SUN (ビートルズに会えなかった)」の作曲は小室哲哉 (アレンジは西平彰)で、後に西平彰が手がけた宇多田ヒカルの「Automatic」を聴いた小室哲哉に「ヒカルちゃんが僕を終わらせた」(出典: 日刊スポーツ)と言わしめたあたり、この曲のクレジットに「作曲:小室哲哉 / 編曲:西平彰」に因縁みたいなものを感じてしまいます。


(小室哲哉ぴあ TM NETWORK 30TH ANNIVERSARY SPECIAL ISSUE TK編)


このアルバムも前回同様に後にJ-POP界の大物になった方々が多数集結し、当時若手だった方々を見出した小坂洋二プロデューサーの先見の明、そして新人の渡辺美里にいかに力を入れていた当時のEPICソニーの姿勢が強く感じられます。

この「BREATH」の聴きどころとしては、「HERE COMES THE SUN (ビートルズに会えなかった)」に、前作「Lovin' you」の「嵐ヶ丘」同様にTM NETWORK (宇都宮隆・小室哲哉・ 木根尚登)がコーラスとして参加しています、特にウツの声がカッコいいです。



また、小室哲哉作曲の「PAJAMA TIME」は転調しまくっていて、無駄に壮大な曲とサビが当時中学生の私にはすごくハマっていました(笑)



この河の流れが速すぎて 泳げない時は
この河の幅が広すぎて 渡れない時は
この河を飛べる大きな翼 今はないから
こぎ出せるボートをください

この胸にむなしさがこみあげる時も
いつまでも風が吹くように歩いてゆけるよ

個人的に渡辺美里の初ライブ参戦が「MISATO CONCERT TOUR news special」(NHKホール)で、アンコールの最後の曲が「PAJAMA TIME」だったので、一緒行った友達とふわふわした気分で2時間以上かかって自宅に帰ったのをよく覚えています。

20180102_5.jpg

(当時の「MISATO CONCERT TOUR news special」のポスターパンフレット)


「ribbon -30th Anniversary Edition-」の後でもいいので、「BREATH -30th Anniversary Edition-」を企画・リリースをして欲しいです。なぜリリースしないのか理由を知りたいです。

宇多田ヒカルがEPICソニーへ移籍して予算が取れないのは分かりますが、今の80年代アーティストのリバイバルブームで私のようなライトファンでも当時を懐かしんでリマスターした音源で聴きたいというニーズもかなりあると思うのですが・・・。

最後に当ブログ内で紹介した楽曲を無料試聴(サビ部の30秒間)できるように、音楽ストリーミングサービス「Spotify」をリンクしています。また無料会員に登録するとフル試聴できるのでオススメです。(詳細は、公式サイトにて)

Spotify_logo.jpg


※この記事で使用した画像・映像等の著作権,商標権又はその他の知的財産権画像などは全て権利者に帰属します。またここで紹介している動画は、すべて所属レーベル(レコード会社)、アーティスト所属事務所などがプロモーション用に作成し、YouTubeで公開している公式動画です。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にも、遊びにきてくださいね♪ 内容は、クラブミュージック/クラブジャズ/洋楽の名盤CDガイド、Nゲージ入門(鉄道模型)ガイド、JR外房線ガイド(車両・歴史・廃線など)です。

にほんブログ村 音楽ブログへ もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー