So-net無料ブログ作成

[初心者] はじめての「エアコン分解掃除」 (アルミフィン・送風ファン洗浄) に挑戦!! [ショッピング (家電レビュー他)]

不器用でDIYが苦手なエアコン掃除が初心者な私でも半日程度で簡単に掃除できたので、エアコンがカビの匂いなどで困っている方ぜひ試してみてください。

簡単に必要な道具・洗剤と作業・分解方法を簡単にまとめてみました。

今回掃除した、パナソニック製エアコン

「インバーター冷暖房除湿タイプ ルームエアコン CS-280CU」

20190615_19.jpg

[ Panasonic / 2018年製造モデル / 8~12畳 / 三相200V]


エアコン購入後1年で、送風ファンに大量のカビ・ホコリ

エアコンの下に設置している空気清浄機の本体に黒いチリがポツポツと落ちていたので、エアコンの吹出口の奥を覗いてみたら、奥にある送風ファンの部分が汚れが大量に付着して真っ黒でした。

20190615_02.jpg


2018年春にパナソニック製の新型エアコンに交換し夏・冬の2シーズンを使用したのですが、人が多くいる稼動率が高いリビング・ダイニングで使っているので、たった一年でスゴイ汚れが送風ファンにびっちり付着していました。

20190615_01.jpg


週刊朝日の「AERA dot.」の記事「エアコンのカビ、原因は“意外な場所”に…増殖する仕組みとは?」を読むとキッチンなど湿度の高いところでエアコンを使うとカビが繁殖しやすいようです。(寝室のエアコンの送風ファンにはきれいでした)

最初は、割り箸にキッチングペーパー巻き、重曹をスプレーして送風ファンを拭いてみたのですが、あまり汚れが取れませんでした。

普段は、1ヶ月毎のアルミフィン (熱交換器) のフィルターの掃除のみでしたが、今回はある程度分解してエアコン送風ファンの掃除を本格的にしてみました。(業者に依頼すると5~6万円するようです)

今回、Amazonで購入したもの

20190615_03.jpg


(洗剤・洗浄剤)
・らくハピ アースエアコン洗浄スプレー 防カビプラス 無香性 [420mLx2本]
・くうきれい エアコンファン洗浄剤 (エアコン洗浄剤送風ファン用 養生シート付き)



(用具)
・壁掛用 エアコン洗浄カバー KB-8016
・工進 ミスターオート 蓄圧式噴霧器 4L HS-401E
・KENOH ケンオー SUN UP ロングチューブブラシ ナイロン 38mm
・KENOH ケンオー SUN UP ロングチューブブラシ ナイロン 20mm
・ダイヤテック パイオラン Y09GR 50MM [パイオラン塗装養生用テープ]



(※20mmは、Amazonだと最小注文個数が9本になっていたのでヨドバシで購入しました)


パナソニック製エアコンの分解方法

1. エアコンの電源コンセントを抜きます。

20190615_13.jpg


2. 吹出口の分解 (ルーバーの取り外し)

2-1. 閉まっている「上下風向ルーバー」を手でゆっくり開きます。

2-2. 左右に2枚ある、「左右風向ルーバー」を外します。はめ込んであるだけなので簡単に取れました。

20190615_20.jpg


20190615_25.jpg

(向かって左の左右風向ルーバー)


2-3. (※)「上下風向ルーバー」の中央のロックを外し、左右をたわませて外しました。

20190615_21.jpg


※破損防止の為、前面カバーを外してから上下風向ルーバーを取り外しをオススメします。

3. 前面カバーの取り外し (取れない場合は、4. へ)

今回、パナソニック製のエアコンは前面カバーが外せて掃除が出来ましたが、日立製のエアコンは外し方が分からず、前面カバーを付けたまま同じ手順でファンを洗浄しましたが、手間は少しかかりましたが問題なく洗浄・掃除が出来ました。

3-1. 前面パネルを外します。(取扱説明書を参照)

20190615_24.jpg


3-2.エアフィルター・脱臭フィルター・除菌フィルター・わさび防カビパックを外します。(取扱説明書を参照)

3-2.前面カバーを固定しているネジを外します。(3箇所)

20190615_22.jpg

(下の2箇所は目隠しのカバーを取ると現れます)


3-3. 前面カバーを手前を持ち上げながら外します。

20190615_06.jpg


前面カバーの裏側に汚れが飛散していたので、水洗い後陰干ししました。

20190615_23.jpg


4. アルミフィンの掃除・洗浄

4-1. 予め掃除機や使い古しの歯ブラシでアルミフィンについているホコリなどを落とします。

4-2. アルミフィンに「アースエアコン洗浄スプレー」で拭きつけて、アルミフィンの掃除は完了です。


[らくハピ アースエアコン洗浄スプレー 防カビプラス 無香性 [420mLx2本]]


今回は「無香料」を使いましたが、「フレッシュフォレストの香り」、「エアリーフローラルの香り」もあります。


[らくハピ アースエアコン洗浄スプレー 防カビプラス フレッシュフォレストの香り [420mLx2本]]



[らくハピ アースエアコン洗浄スプレー 防カビプラス エアリーフローラルの香り [420mLx2本]]


5. 送風ファンの掃除・洗浄

5-1. 電源部・LEDランプなど電装品系が水で濡れないようにビニール製の買い物袋と養生テープでしっかり防水します。

20190615_05.jpg



[ダイヤテック パイオラン Y09GR 50MM [パイオラン塗装養生用テープ]]


5-2.「壁掛用 エアコン洗浄カバー」を被せます。必要に応じて下にバケツや新聞紙 (レジャーシート) をセットします。 


[壁掛用 エアコン洗浄カバー KB-8016]


20190615_09.jpg


これで準備完了です。

※「くうきれい エアコンファン洗浄剤」に簡易的な養生シートは付いていますが、「壁掛用 エアコン洗浄カバー」のように排水口が無いので水の重さで落ちるリスクが高いのでオススメはしません。

5-3. 「蓄圧式噴霧器」で水をかけながら「ナイロン製ブラシ」(使い古しの歯ブラシ) の先端で送風ファンを回しながら羽を擦ります。


[工進 ミスターオート 蓄圧式噴霧器 4L HS-401E]


黒いカビ・汚れが流れてくるので、ある程度キレイになるまで水洗いします (蓄圧式噴霧器の満タン4Lを使い切りました)

20190615_11.jpg

(ブラシにも飛散した黒いカビが付着しています)


※ネットでよく送風ファンの洗浄で紹介されている「ペットボトル専用加圧お掃除スプレー」だと何回も水を入れないといけないし、手も疲れると思うのでオススメしません。



ナイロン製のロングチューブブラシがあると効率よく汚れが取れました。

20190615_07.jpg

(上: 20mm / 下: 38mm)


私はサイズ感がイマイチ分からなかったので、 38mmと20mmの両方を購入しましたが20mmでもファンの間には入らず写真のように先端部分のみ使用しました。(先端しか使わないので、どちらか1本あれば十分です)


[KENOH ケンオー SUN UP ロングチューブブラシ ナイロン 38mm]


※ロングチューブブラシが無い場合は、使い古しの歯ブラシでも可です。柄が短いので少々手間がかかります。

20190615_12.jpg


水洗いだけでも大量のホコリ・カビが取れてびっくりました。

20190615_10.jpg


6. 「くうきれい エアコンファン洗浄剤」での洗浄・仕上げ


[くうきれい エアコンファン洗浄剤 (エアコン洗浄剤送風ファン用 養生シート付き)]


6-1. くうきれいの「ムース」を送風ファン全体にスプレー噴霧して30分ほど放置します。

20190615_14.jpg


6-2. 泡にホコリ・カビなどが付いるのでブラシで擦りながら、噴霧器で水洗いします。

20190615_15.jpg


送風ファンに付いてた汚れが全て取れきれいになりました。

20190615_08.jpg


6-3. 仕上げとしてカビ防止のくうきれいの「リンス」をスプレー噴霧し、泡が消える5分ほど放置します。

7. 試運転

エアコンを元の状態に戻し、20分ほど送風運転をして終了です。

※このエアコンには送風運転ボタンが無いので、「暖房・16度」に設定しました。

注意点

「3. 前面カバーの取り外し」にも記載しましたが、前面カバーの取り外し方が分からない時は、「上下風向ルーバー」は無理に外さない方がいいです。

寝室の日立製エアコンは取り外し方が分からず、前面カバー・上下風向ルーバーを付けたままでしたが十分にファンの掃除は出来ました。

私は、ネットの情報を鵜呑みにして作業したらルーバーを固定する部分を破損させてしまいました。

20190615_17.jpg

(下部の1箇所のみネジ固定で、上部はフック上になっていて頭の部分を割ってしました)


20190615_18.jpg

(仕方なくガムテープで固定しました)


ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!
2019.06.20 加筆・修正
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。