So-net無料ブログ作成

[PC高速化作業メモ1] 東芝 dynabook Satellite B554 メモリ換装・増設してみました! [Windowsパソコン・iPad・環境構築]

昨年(2014年9月)当時使っていた「Windows XP」のダイナブックが故障(キーボードに水がかかってしまい、M/Bが逝ってしまいました)に伴い、同じダイナブックシリーズのビジネスモデルの「dynabook Satellite B554 」(型番: PB554LFB1R7AA71)を購入しました。


(東芝・dynabook Satellite B554 [型番: PB554LFB1R7AA71])


一応、メモリを4GB積んでいるんですが、最近「Chrome」を使うとHDDへのスワップが頻発し、フリーズに近い状態になってしまい、動作が重くかなりストレスでした。

20150512_1.jpg

(監視ツールを見ると、メモリ使用量が90%、HDDへもスワップが多発しています)


そこで「Amazonギフト券 5,000円分」を頂いたので、メモリを購入する事にしました。私のモデルは、「2スロット」で「4GB」のメモリが1枚挿しになっています。

将来的には、最大8GBの2枚挿しの16GB(デュアルチャネル)にしたいので、「8GB」のメモリを購入しました。

ちなみに「32ビットのWindows7」の場合、どんなに物理メモリを増設しても「4GB」までしか認識しません。(私は、64ビット版のWindows7にしています)

以前のダイナブック(東芝 DynaBook TX/980LS)へは、「I-O DATA」の2GBの「PC2-5300」(型番: SDX667-H1GX2/EC)を増設していたので、まずは「I-O DATA」製を検索しました。

I-O DATA PC2-5300(DDR2-667)対応 200ピン S.O.DIMM 1GBx2 低消費電力モデル SDX667-H1GX2/EC



I-O DATA」のホームページ内にある、「パソコン対応製品検索システムPIO」で調べたところ、 今回のB554用には 「SDY1600L-8G」がヒットし、Amazonで価格を調べました。

アイ・オー・データ機器 ノートPC用 PC3L-12800(DDR3L-1600)対応メモリー 低電圧タイプ 8GB SDY1600L-8G

新品価格
¥12,440から
(2016/4/9 15:25時点)



1万円近くするし、持ち出しが多くなるので他のメーカーを「価格.COM」などでレビューを調べたところ、「トランセンド」(Transcend)がいいなと思いました。「トランセンド」のUSBメモリーを使っているんですが、他のメーカーに比べるとコストパフォーマンスがとてもいいイメージがあります。

20150512_4.jpg


・・・という事で、今回購入したのは「トランセンド」の8GBのメモリ「DDR3L-1600 SO-DIMM」(TS1GSK64W6H)を購入しました。


(トランセンド・DDR3L-1600 SO-DIMM 8G )


★東芝・dynabook Satellite B554 ・メモリ換装・増設手順★

早速、翌日に届きました。Amazon箱だと思ったら、プチプチ袋・・・。数百円のものは箱でよく来るのに(苦笑) パッケージはこんな感じです。

20150512_5.jpg


トランセンドの公式サイトでこのメモリの「製品登録」をして無期限保証を有効にすることをおススメします。

20160409_00.jpg


早速、ダイナブック本体から電源ケーブルとバッテリーを外します。

裏側の蓋を固定している、2箇所のネジ(2箇所・赤丸)を外してフタを開けます。

20150512_3a.jpg


入っていたのは、以下の「サムソン」製の4GBメモリでした。

サムスン純正 PC3-12800(DDR3-1600) SO-DIMM 4GB ノートPC用メモリ DDR3L対応モデル (電圧1.35V & 1.5V 両対応)

新品価格
¥3,816から
(2016/4/9 15:09時点)



そしてこのメモリをスロットから外します。2箇所のロック(赤丸)を左右に広げて、手前に倒して外します。(奥についていて、指が当たってかなり取り難いです)

20150512_6a.jpg


そして今回購入した、「トランセンド」の8GBメモリを奥に付け、手前に「サムソン」の4GBメモリを装着しました。(今回は、4GB + 8GBの「12GB」にしました)

20150512_7a.jpg


そして電源ケーブルとバッテリーを接続後、電源投入直後にF2キーを連打して、BIOS上でメモリーが認識しているか確認。きちんと、「12288 MB」(12GB)を認識しています。

20150512_2.jpg


Windows7 上でも、「12GB」と認識されています。

20150512_8.jpg


メモリーを増設前、増設後の「Windows エクスペリエンス インデックス」の値を比較してみると、「メモリ(RAM)」の値が、『5.9 → 7.4』 へ増加しました。 ( 最大値: 7.9)

20150512_11.jpg


起動時のメモリー消費量は10%前後となりました。Chromeを複数起動して、40枚程度タブを開いてもHDDのスワップもほぼ無くなり、サクサク動き快適です。

20150512_UP.jpg

[左: メモリ増設前 / 左: メモリ増設後]


既存のメモリー(サムソン)との相性問題もなく、このトランセンド8GBメモリー「DDR3L-1600 SO-DIMM」(TS1GSK64W6H)おススメです!


(トランセンド・DDR3L-1600 SO-DIMM 8G )


将来的にはもう一枚購入して、8G×2の16GB(デュアルチャネル)にして延命します。

(※2016/04/09に再増設実施: 作業の模様はこちら。→ 「[PC高速化作業メモ3] 東芝 dynabook Satellite B554 最大メモリ増設(デュアルチャネル)してみました!」)

2016_dual_16G.jpg

(トランセンド8G×2の16G仕様)


私が使用しているOS「Windows7」は、2020年1月14日(米国時間)に全てのサポートが終了します。(「Windows 8/8.1」は、2023年 1月10日) 

Windows 7 メインストリーム サポート終了のお知らせ - Microsoft

それまでにメモリーを最大「16GB」にして、HDDも「SSD」へ換装して高速化を図り、延命して「Windows10」にする予定です。

(※2016/04/01に換装実施: 作業の模様はこちら。→ 「[PC高速化作業メモ2] 東芝 dynabook Satellite B554 のHDDをSSDへ換装しました!」)

20160401_4.jpg

(256GB SSD換装・トランセンド「SSD370」シリーズ)


今年夏にリリースされると言われる、「Windows10」。いろいろとニュースを見ているとWindowsの最後のバージョンになるらしいですね。


[Microsoft Windows 10 Home(32bit/64bit 日本語版 USBフラッシュドライブ)]


仕事で「MS-DOS」から「Windows3.1」に関わってから、頻繁にバージョンアップして本当にやっかいな基本OSですが、いざ無くなるというのも、何か寂しいですね。。。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!
■PC高速化作業メモ] 東芝 dynabook Satellite B554 関連の最新記事
・2016/04/01 [PC高速化作業メモ2] 東芝 dynabook Satellite B554 のHDDをSSDへ換装しました!

・2016-04-09 [PC高速化作業メモ3] 東芝 dynabook Satellite B554 最大メモリ増設(デュアルチャネル)してみました!

2015.08.12 加筆 
2015.09.16 加筆
2016.04.01 加筆
2016.04.09 加筆
2016.05.29 加筆、写真修正
2016.10.07 加筆、写真修正

nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 6

通りすがりのパパサン

こんにちわ!

私もB554Mを所有してまして、メモリ交換とSSD増設を行う際の交換方法を検索したところ、こちらのブログがヒットいたしました。

とても分かりやすく、非常に助かりました。

本当にありがとうございました^^
by 通りすがりのパパサン (2016-03-14 12:52) 

加藤 椿山

参考になります。ところでB554だと購入時が2GB×2枚という設定はまず無いでしょうか?Disktop中古だとまれにありますけど。
by 加藤 椿山 (2019-03-01 17:03) 

アオイアサガオ

通りすがりのパパサン様
コメントありがとうございました(*´∇`)
お役に立ち大変光栄です。

B554のネタはたまに書いているまでまた見にきてくださいねヽ(*´∀`*)ノ

by アオイアサガオ (2019-03-01 23:56) 

アオイアサガオ

加藤 椿山様
私は新品(カタログ仕様)で購入しているので、2GB×2枚はまずないと思いますが、中古ならあるかもしれませんね。購入前に確かめたほうが無難だと思います。

by アオイアサガオ (2019-03-02 00:00) 

白くま

CPUをi5かi7にすることはできませんか?
by 白くま (2019-03-28 11:33) 

アオイアサガオ

白くま様

コメントありがとうございます。

以前同じダイナブックシリーズの「TX/760LS」(Celeron) のCPUを上位モデル「TX/770LS」(Pentium) と同じCPUへ換装したことがあります。

B554シリーズも同じM/Bだと思うので、多分大丈夫だと思っています。私もi7へする予定がありますので、換装したらまたブログでレポートしたいと思っています。



by アオイアサガオ (2019-03-28 12:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。