So-net無料ブログ作成

[レビュー] きっと欲しくなる! 極上の音質改善機器 (パイオニア製USB型ノイズクリーナー) [PCオーディオ入門・ハイレゾ]

前回(2017月5月)の「[レビュー] オーディオ音質改善の極意 (パイオニア製USB型ノイズクリーナー)」に引き続き、後継・発展版に当たる今月19日に発売された、ONTOMO MOOKの新刊「Stereo編 きっと欲しくなる! 極上の音質改善機器 for All Sound Gear」」(音楽之友社)を購入しました。



付録メインのムック本ですが、前回の付録「パイオニア製USB型ノイズクリーナー」(終端タイプ: APS-DR000)から、USBが連結できる発展モデルの「スルータイプ: APS-DR000T」が付いているのですぐ購入しました。(画像をクリック・タップすると拡大します)

20171221_2.jpg


20171221_3.jpg


中身はこんな感じです。24ページの記事と付録が入っています。

20171221_1.jpg


【発売日・サイズ・定価】
 ・2017年12月19日
 ・B5
 ・4,600円 (税別)

【付録】
 ・パイオニア製USB型ノイズクリーナー
  「Bonnes Notes DRESSING APS-DR000T」

【目次】
 ・はじめてのBonnes Notes DRESSING
 ・Bonnes Notes DRESSING APS-DR000T&APS-DR005を聞く
 ・Bonnes Notes DRESSING 使いこなし 音楽ジャンル別 最適解を探せ!
 ・Message from Product Designer 2年目のBonnes Notes DRESSING
 ・DRESSING meets ホームシアター
 ・DRESSING meets ポータブルオーディオ
 ・DRESSING meets カーオーディオ

レビュー: パイオニア製USB型ノイズクリーナー「APS-DR000T」

[APS-DR000T (スルータイプ)のサイズ感]

20171221_8.jpg

[上: APS-DR000T (スルータイプ) / 下: APS-DR000 (終端タイプ)]


本付録の「APS-DR000T」(スルータイプ) のサイズ感ですが、前回の「APS-DR000」(終端タイプ)に比べると厚みが増し、更に少し幅も広くなりました。(画像をクリック・タップすると拡大します)

[APS-DR000 (終端タイプ)と連結]

20171221_9.jpg

[左: APS-DR000T (スルータイプ) / 右: APS-DR000 (終端タイプ)]


私のノートPCだと一般のUSBメモリーとなら干渉しないのですが、「APS-DR000T」(上)と「APS-DR000」(下)を挿すと干渉してしまいました。

20171221_5.jpg


■感想・レビュー

本誌の解説による今回のスルータイプ「APS-DR000T」は前回の終端タイプ「APS-DR000」と同様、判りやすくインパクトがあるチューニング(中高域よりも低域に的を絞った音決め)として、「低域の締まりと量感がよく出る」、「中高域の解像度は1ランクアップ」ということは変わりませんが、新製品の最上位モデル「APS-DR005」の設計思想がベースとのこと。


(APS-DR005)


本付録の「APS-DR000T」(4,600円)は「APS-DR005」(15,000円)の廉価モデルという位置づけになっています。

[試聴環境]

20171221_6.jpg

左: [Windows7 + iTunes + JBL Pebbles (USB-DAC内蔵スピーカー) ]

ハイレゾ環境:
右: [Windows7 + iTunes + CLARITY AURA DAC + Pioneer SE-CH5T ]


今回は、スルータイプ「APS-DR000T」にハイレゾ対応のUSB-DAC (CLARITY AURA DAC)を連結し、終端タイプ「APS-DR000」はノートPCの左側の空ポートに挿しました。

20171221_10.jpg


[試聴したハイレゾ音源]

20171221_7.jpg


Come Away With Me (ノラ・ジョーンズ ) / Random Access Memories (ダフト・パンク) / First Love (宇多田ヒカル)
MOVE (上原ひろみ) / Rachmaninov: Piano Concerto No.2 / Tchaikovsky: Piano Concerto No.1 (リヒテル)

[感想]

一般的なスピーカー(JBL Pebbles)、特にハイレゾ環境の方が更に音の立体感・中高域が更に増し全体的に音に厚みが顕著に増した感じです。特にドラムのパートのハイアット、スネアが締まり、バスドラム、ベースライン重厚が増し、上原ひろみの「MOVE」やダフト・パンクの「Random Access Memories」はすごく効果が顕著で、ワン・ツーランク上がった感じがしました。(※個人の感想です)

別にハイレゾ音源・ハイレゾ環境ではなくても、YouTubeやradiko、Spotifyや高音質(320kbps)のMP3(.mp3)、iTunes Storeで購入したiTunes Plus(256kbps / .m4a)などの圧縮音源も手軽に高音質になるので、安くいい音で聴きたい方にもオススメです。(廉価版モデルということもあり、効果がすぐわかるような仕様にしているようです)

今回は以前購入した終端タイプ「APS-DR000」(終端タイプ)と同時使用だったのもありますが、本付録の「APS-DR000T」単体使用でも「APS-DR000」単体使用同様の十分効果があると思います。(前回の「APS-DR000」のレビューは、こちら。)

私のような低予算のハイレゾ環境でも効果が実感できたので、ワンランク上のUSB-DAC、ヘッドフォンを使えば更に効果が実感できるのでは思います。



また、本誌によると挿すポートを変えたり、「APS-DR000T」(スルータイプ)+「APS-DR000」(終端タイプ)を連結したりといろいろと効果が変わるようです。

20171221_11.jpg.jpg


上位モデル「APS-DR002」、「APS-DR005」、「APS-DR003」を含めは他社のUSB型ノイズクリーナーも数万円するので、5,000円以内でメリハリのある音に変わるのでコスパがとてもいいと思います。


[BonnesNotes DRESSING APS-DR002 / APS-DR005 (パイオニア)]


20171221_8.jpg




[USBパワーコンディショナー SH-UPX01 (パナソニック)]


迷っている方、定価で買えるうちにすぐ購入された方がいいです。前回の終端タイプの「APS-DR000」(オーディオ音質改善の極意・定価2,700 円)の発売時もそうですが、すぐにAmazonで転売目的の買占めがありました。(今回も既にAmazonでは多くの転売屋が販売していました)


昨年12月に発売された「オーディオ音質改善の極意」(付録: APS-DR000)

前回の「APS-DR000」(オーディオ音質改善の極意)はすぐに転売屋に買い占められて定価での入手に時間がかかってしまったので、今回は即入手しました。今回の「APS-DR000T」(きっと欲しくなる! 極上の音質改善機器 for All Sound Gear)の定価は4,600円 (税別)です!!



12/22現在、「楽天ブック」では送料無料で定価で購入できます。




ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にも、遊びにきてくださいね♪ 内容は、Nゲージ入門(鉄道模型)ガイド、JR外房線ガイド(車両・歴史・廃線など)、クラブミュージック/クラブジャズ/洋楽の名盤CDガイドです。

ブログランキング・にほんブログ村へ もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

[F1プラモデル再販] 1/24 ザクスピード ZK891 (ハセガワ) [モータースポーツ (F1・WEC)]

Twitterのタイムラインで知りました、



こういうF1のマイナーな車種がプラモデル製品化されていて、まさか再生産されるなんてびっくりしました!! ハセガワから「1/24 ザクスピード ZK891」が、2018年1月に再販予定です。



[メーカー]  ハセガワ
[スケール]  1:24
[品番・品名] 20324 ザクスピードZK891
[発売予定日] 2018年1月13日
[本体価格]  2,800円 (税抜)
[パッケージ]

[完成見本]


ザクスピード ZK891」は、1989年のドイツのF1チーム「ザクスピード」の実質F1参戦最後になったマシンでした。

ドライバーは、前年1988年に鈴鹿で初F1スポット参戦 (ラルース ローラ LC88)を果たし、1989年に日本人2人目となるフル参戦を果たした、カーNo.35の鈴木亜久里とドイツ人のカーNo.34のベルント・シュナイダーでした。

20171217_1.jpg


この年1989年からF1はターボ禁止となり、全車が自然吸気エンジン (V8、V10、V20) エンジンを搭載した20チーム、39台がエントリーしました。タイヤもピレリが復帰し、グッドイヤーとのタイヤ戦争も勃発。



この頃はF1ブーム真っ盛りで、マクラーレン・ホンダ MP4/5が強く、日本グランプリでセナとプロストが接触したり、最終戦のオーストラリアGPで雨のナカジマ、中嶋悟の日本人初のファステストラップを記録したとても印象深い年でした。

ザクスピード・ヤマハと言えばチームにとっても失敗作マシン・黒歴史といえる内容で、ベルント・シュナイダーが2回予選・決勝に進んだだけで、鈴木亜久里に至ってはシーズン全16戦全て予備予選落ちという不名誉な記録だけ残しました。

20171217_2.jpg

(カーNo.35 鈴木亜久里)


当時はエントリー数が多く、ザクスピードのような弱小チームはまず予備予選で上位4位に入り、予選・決勝へ出場できる全30台に入らなければいけませんでした。

この年のザクスピードは自前のエンジンをやめて、前年度F3000シリーズチャンピオンからF1に初挑戦したヤマハ製エンジンのV8エンジン「OX88」(5バルブヘッド)を無償で入手しましたが、非力かつ信頼性がとても低くテスト走行すら難儀する状態でした。

20171217_3.jpg

「OX88」(ヤマハ V8エンジン)


しかもメカニックがギヤを組み間違えたり、

20171217_4.jpg


ハンドルを切るとタイヤがフロントウィングの翼端板に当たってタイヤを切ってしまうなど、チーム自体もグタクダな感じでした。(現場で翼端板を切って、ルーターで修正・・・)

20171217_5.jpg


鈴木亜久里も「捨てちゃえよ、こんな車!!」と不満をぶちまけてしまう始末、本当に同情してしまう状態でした。

20171217_6.jpg


ですが、鈴木亜久里は翌年にラルース ランボルギーニ・ローラ LC90で、日本人初の3位表彰台に上がりました。




ハセガワの「ザクスピード ZK891」のプロトモデルはインダクションポッドがT型・タバコ広告禁止国仕様のようです。当時ザクスピードのメインスポンサーは、タバコメーカーの「West」ですが、タバコ広告禁止国は「East」となっていました。

20171217_7.jpg


タミヤもそうなんですが、昔のキットはタバコメーカーのデカールは入っていたんですが、最近のキットはタバコデカール別途用意しなければならず、手間ですね。。。



ちなみに「1/24 エスポ ラルース LC90」(ハセガワ)も2018年2月な再販予定です。



[メーカー]  ハセガワ
[スケール]  1:24
[品番・品名] 20330 エスポラルース LC90
[発売予定日] 2018年2月17日
[本体価格]  2,800円 (税抜)
[パッケージ]

[完成見本]



ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にも、遊びにきてくださいね♪ 内容は、Nゲージ入門(鉄道模型)ガイド、JR外房線ガイド(車両・歴史・廃線など)、クラブミュージック/クラブジャズ/洋楽の名盤CDガイドです。

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

[感想本] 寝台列車の基地「尾久」1972-1975 (SHIN企画) [国鉄残映]

今月の新刊、SHIN企画 (機芸出版社)から発売された「寝台列車の基地「尾久」1972-1975」が書泉から届きました!!

20171217_1.jpg


[内容] (商品説明より)
東北新幹線開業前の上野駅には東北・常磐・北陸・信越・上越方面と結ぶ帖コリ列車が数多く着発。

なかでも朝晩には多彩な夜行寝台列車や急行が次々と姿を見せ、首都圏の玄関口に相応しい活況を呈していました。

そして上野方でその運転を支えていたのが尾久客車区と田端機関区。
尾久駅構内と一体化したこの広大な基地の中で、入線した車輌のさまざまな整備清掃が出発時刻まで行われていました。

10系や20系寝台車、583系寝台電車が輝いていた時代の「尾久」。

今から40数年前に寝台車の整備に関わった著者が当時の車輌運用、上野-尾久間の推進回送、さらに人目に触れることが少ない寝台車セット作業、ファンに興味深い各種のエピソードなども加えてまとめてみました。

[発売日・サイズなど]
2017年12月15日、B5 (25.7 x 18.2 x 0.4 cm)、カバー以外は全てモノクロ。

[価格]
1,600円 (税別)

[著者]
北原昭一

[目次]
当時の主な夜行列車        6
車輌と運用            6
機関車             10
推進回送            15
客車区を背景に走る列車たち   18
各線群の作業と入区から出区まで 20
列車到着~構内入換作業     26
洗浄線             28
組換え             28
寝台セット事務所        30
寝台車の作業          31
機関車の出区~出発       36
エピソード           38
むすび: 出発線から        44
現在の尾久車両センターの構内  46

[感想]
私が鉄道が好きになった小学生の頃は、既に東京口はEF66、EF65のブルートレイン全盛の80年代だったので、本誌に出てくるEF57、EF58、EF80など正直、古典電機はNゲージしか見たことがないので、こんな時代があったのかと改めて驚きました。

20171217_2.jpg


Nゲージで再現した急行「新星」(EF57+20系客車)、20系特急「ゆうづる」、583系「はくつる」、583系「ひばり」、急行「越前」「八甲田」「津軽2号」などなど

20171217_4.jpg


今では懐かしい列車たちが尾久客車区 (現・東日本旅客鉄道株式会社 東京支社 尾久車両センター)、隣接する田端機関区 (現・東日本旅客鉄道株式会社 東京支社 田端運転所)が出入りし、本誌でそんな日常の一コマが紹介されておりとても興味深い内容でした。

20171217_3.jpg


特に興味深かったのが、著者の北原昭一氏が寝台車セットのアルバイトをされていてので、寝台車の寝具のセット内容など全く知らなかったので参考になりました。

国鉄好きな方にはオススメできる本です!!

[入手方法]

書泉の通販分は既に売り切れになっていたので、現在通販ではホビーサーチで購入できます。(以下の表紙の画像をクリック・タップするとホビーサーチの在庫確認が出来ます)



ホビーサーチは、ゆうパケットが使えるので全国一律 ¥248円の送料で購入できます。基本的に出版元の機芸出版社 (SHIN企画)はAmazonなどは扱っていないのでホビーサーチがオススメです。



当方は、初心者向けのNケージサイトを運営しておます。ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)内、「でんしゃでGo!はじめての「Nゲージ」(鉄道模型) 入門ガイド」(http://sotobou.web.fc2.com/mokei/)をご覧ください。

2017_n_logo.jpg

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にも、遊びにきてくださいね♪ 内容は、Nゲージ入門(鉄道模型)ガイド、JR外房線ガイド(車両・歴史・廃線など)、クラブミュージック/クラブジャズ/洋楽の名盤CDガイドです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ 鉄道コム もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー