So-net無料ブログ作成
検索選択
[80年代] 音楽・EPICソニー ブログトップ

[渡辺美里・80年代アーカイブス6] 岡村靖幸提供曲、岡村ちゃんとの関係は黒歴史? [[80年代] 音楽・EPICソニー]

この[渡辺美里・80年代アーカイブス] シリーズを書くきっかけは、十数年ぶりに渡辺美里岡村ちゃんこと岡村靖幸の新譜をテレビ・ラジオCMで聴いたことがきっかけで、この時渡辺美里のデビュー30周年という事を知りこのブログを書いています。

実は岡村ちゃんは渡辺美里と同じ元EPICソニーレーベルでデビュー前から美里にかなりの楽曲を提供し、実年齢も1個違いだしお互いのデビュー30周年で何らかの絡みがあるのではないか期待していました。

(この辺の話は、当ブログ「[渡辺美里・80年代アーカイブス2] 小室哲哉(TM NETWORK)、岡村靖幸、大江千里」などに詳しく書いています)

まず、この頃聞いたのは、渡辺美里は中古車買取・査定会社「アップル」のCM曲「ここから」と岡村靖幸は映画「みんな!エスパーだよ!」の主題歌(CM)「ラブメッセージ」という曲でした。


渡辺美里 - ここから / 岡村靖幸 - ラブメッセージ


このCMを見て、歌詞も相変わらず80年代の渡辺美里の曲に出てくる「君」「僕」とか優等生チックな内容が今も昭和臭がスゴイなという印象だったんですが、「作詩・作曲:大江千里」というのがびっくり。まさか、80年代美里に複数の楽曲を提供していましたが、今回は作詞も千里くんだってとは(苦笑)


アップルCM - 新しい街編 (30秒)


30周年という事で彼女の全盛期だった頃のイメージが作ったんだなという印象でした。



美里は中学生の頃はよく聴いていましたが、6th.アルバム「tokyo」(1990年)というアルバム辺りから全く歌詞に共感できない、「ナイフとフォーク」「Oh! ダーリン」など聴いて恥ずかしくなるような幼稚・メルヘンチックな歌詞が増え、デビュー10周年前後に懐かしさで少し聴いた程度でここ十数年の新譜については全く聴きませんでした。

tokyo-misato.jpg

(ちなみにこのアルバムに収録されている「"虹をみたかい (tokyo mix)」は岡村ちゃんの作曲・編曲です。このブログの下位で紹介しています)

しかし、同時期に流れていた岡村ちゃんの「ラブメッセージ」という曲を聞いてびっくり、岡村ワールド全開なのに全く古臭くないし、現役感がスゴイ。よく若手のミュージシャンが好きなアーティストとして「岡村ちゃん」「岡村靖幸」と名前を挙げるのも納得です。



渡辺美里と岡村靖幸は、この[渡辺美里・80年代アーカイブス] シリーズで書いていますか、80年代のEPICソニーを牽引した小坂洋二プロデュース組で、渡辺美里岡村靖幸TM NETWORK(小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登)大江千里は同じレーベルメイトとしてお互いのレギュラーのラジオ・テレビ番組などにゲストに呼ばれたりして、当時の4組はとても中がいいイメージでした。

misato_4.jpg


岡村ちゃんデビューのきっかけは、1985年初頭にEPICソニーへデモテープを送り、才能を認められ同年5月の渡辺美里の2rd.シングル「GROWIN' UP」に職業作曲家として楽曲を初提供。その後、初期の渡辺美里の曲には岡村ちゃん、哲ちゃん、千里くんなど同様に多数の楽曲を提供しています。



各人の提供曲、エピソードについては、「[渡辺美里・80年代アーカイブス2] 小室哲哉(TM NETWORK)、岡村靖幸、大江千里」、「[渡辺美里・80年代アーカイブス4] TM NETWORK ( 小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登 ) 、大江千里 夢の共演」をご覧ください。

そして、渡辺美里のレコーディング時に曲に合わせて踊っていた姿を見た、小坂プロデューサーが1986年に1st.シングル「OUT OF BLUE」でソロアーティストとしてデビューさせました。



今回のテーマは、岡村ちゃんはデビューのきっかけや職業作曲家として渡辺美里が深く関わっており、80~90年代は哲ちゃん(小室哲哉)千里くん(大江千里)同様にかなりの楽曲を提供しているのに関わらず、他のレーベルメイトと違い昨今のメディアを見てもお互いにコメントを出していない、共演を避けている、またお互いに黒歴史にしているのではないかという印象を受けています。正直、80年代に熱心に渡辺美里を聴いていた、元ファンとしてとても残念な気持ちです。

misato_okamura.jpg

(当時購入した80年代の岡村ちゃん提供シングル曲)


渡辺美里と岡村靖幸の共演に関しては、私の知る限り渡辺美里が1988年4月29日の岡村ちゃんの日清パワーステーション(当時新宿にありました)の公演にゲスト出演して、渡辺美里提供曲「19才の秘かな欲望」を一緒に歌唱したり、岡村靖幸が渡辺美里の1989年7月25日の西武球場公演「SUPER Flower bed BALL '89」にゲスト出演して、コーラス参加曲「恋したっていいじゃない」を一緒に歌唱しています。実は翌日の雷雨で中止になった公演を観にいったのてすが、前日は岡村ちゃんがゲストだったから、今日は千里くんかなと友達と話していた事をよく覚えています。



また、岡村ちゃんのデビュー前にも渡辺美里とTM NETWORKと一緒に1986年12月21日ので行なわれたTBS開局35周年記念「アニバーサリーロックフェスティバル」(日本武道館) にも一緒に参加しています。



(詳しくは、「[渡辺美里・80年代アーカイブス4] TM NETWORK ( 小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登 ) 、大江千里 夢の共演」をご覧ください)

また楽曲提供については、1985年の渡辺美里のファーストアルバム「eyes」に



GROWIN' UP」(シングル曲)「すべて君のため」「Bye Bye Yesterday」3曲(11曲中)を本人デビュー前に提供しています。(無料試聴・詳しくは、「[渡辺美里・80年代アーカイブス3] CD音源リマスター・ハイレゾについて」をご覧ください) 

1986年発売の2rd.アルバム「Lovin' you」は、岡村ちゃん自身が20曲中、8曲楽曲提供しています。(ちなみ小室哲哉は7曲提供しています)



(無料試聴・詳しくは、「[渡辺美里・80年代アーカイブス5] 感想・レビュー・無料全曲試聴有 「Lovin' you -30th Anniversary Edition-」」をご覧ください)

このアルバムの渡辺美里のデビュー30周年企画盤「Lovin' you -30th Anniversary Edition-」の発売時に、20曲中7曲提供の哲ちゃん(小室哲哉)は曲ごとのコメントを寄せてくれたのに20曲中8曲提供の岡村ちゃんは一切なし。ちなみに1曲提供の木根さん(木根尚登)のコメントの中に「岡村くん」と名前を出してくれていたのはうれしかったです。

[参考: ソニー・ミュージックレーベルズ]
小室哲哉さんと木根尚登さんからコメントを頂きました!!

他にも6th.アルバム「tokyo」(1990年)の収録曲で、渡辺美里本人出演のマクセルのカセットテープのCM曲で、オリコンNo.1シングル「虹をみたかい」は岡村靖幸作曲です。

misato_maxell.jpg



[シングル曲: 虹をみたかい]


このようにデビュー前から、岡村ちゃんは美里にたくさんの楽曲を提供したりライブで共演しているのにも関わらず、最近のメディア・インタビューを見ているとお互いの名前を全く出さないので、二人の80年代を知る元ファンとしてとても残念に思います。

渡辺美里デビュー30周年記念本「渡辺美里ぴあ」でも



80年代、渡辺美里に多くの楽曲を提供しその後職業作曲家として大成した、大江千里、伊秩弘将 (SPEEDプロデューサー)、TM NETWORKの木根尚登・小室哲哉などなど祝福のコメントを寄せていますが、岡村ちゃんは一切無し。ただし、岡村ちゃんはTM NETWORK デビュー30周年記念本「小室哲哉ぴあ TM編」には祝福コメントを寄せているのに・・・。(美里も大きく紙面をさいてコメントしています)



また、渡辺美里同様にEPICソニーの大御所、マーチンさんこと鈴木雅之ソロ・デビュー30周年記念アルバム「dolce」(2016年)には、岡村ちゃんはEPICソニー時代の1986年にマーチンさんに楽曲提供(別の夜へ〜Let's go〜)している縁で、「Luv or Trap」の楽曲提供とコーラスも担当しています。



しかし、渡辺美里デビュー30周年記念オリジナルアルバム「オーディナリー・ライフ」(2015年)には、楽曲提供なし。岡村ちゃん同様に職業作曲家として「My Revolution」で最初のヒットを飛ばした"ゴールデン・コンビ"の哲ちゃん(小室哲哉)もなぜか楽曲提供もなし。



と以前哲ちゃんのTwitter (@Tetsuya_Komuro)にはあったのですが、その後トークアプリ755 (https://7gogo.jp/komuro-tetsuya)で「何曲か送ったんだけど、まだ採用になってないね。」とコメントがあったので、今回はお蔵入りのようでした。

渡辺美里氏自身も2015年11月7日(土)のBS日テレ「地球劇場~100年後の君に聴かせたい歌~」にゲスト出演された時にデビュー30周年を振り返り、80年代の曲と各楽曲提供者をVTRで紹介した企画でも哲ちゃん(小室哲哉)、千里くん(大江千里)の事は話しても

20170216_3.jpg


岡村ちゃんについては完全スルー・・・。

20170216_1.jpg


渡辺美里って、嫌いになったら全て黒歴史にするのかなと思ったのは、90年代にプロデュースを受けたコバタケ(小林武史)さんの時も同様。

私が最近よく聴いている、小林武史プロデュースの女性SSW・桐嶋ノドカと渡辺美里との音楽対談番組「あたしの音楽」(フジテレビNEXT)を観ていたところ、

20170216_4.jpg


渡辺美里「小林武史さんが、プロデュース?」

桐嶋ノドカ「はい、そうなんです。」

というくだりで、その後一切渡辺美里と小林武史の関係性については触れられずに あなただって小林武史プロデュースでしょ!! ってツッコミました。番組冒頭でデビュー30周年と紹介されていたのに関わらず、コバタケさんは黒歴史なのかと感じました。

[渡辺美里・90年代アーカイブス番外編] 小林武史(MY LITTLE LOVER)との音楽的関係性」でも書きましたが、8th.アルバム「BIG WAVE」(1993年)と9th.アルバム「Baby Faith」(1994年)の2作は、小林武史プロデュースのアルバムでした。

20170216_6.jpg


彼女のデビュー10周年イヤーの1995年に作詞・渡辺美里、作曲・小林武史でシングル「シンシアリー[Sincerely]」(TBS系「筑紫哲也NEWS23」エンディングテーマ)をリリースしています。



ちなみに8th.アルバム「BIG WAVE」(1993年)では、岡村ちゃんも4曲 (3. ジャングル チャイルド4. BIG WAVE やってきた (シングル曲)8. 若きモンスターの逆襲10. さえない20代)提供し「作曲:岡村靖幸、編曲:小林武史」というクレジットはなかなかレアだと思います。




[シングル曲: BIG WAVE やってきた]

(ちなみにこの曲のコーラスは、美里と親交がある聖飢魔IIのデーモン閣下)


のちにこのアルバムのレコーディング・ツアーのサポートメンバーだったギターの藤井謙二氏がのちに小林武史プロデュースの「MY LITTLE LOVER」(マイラバ)としてデビューしています。

テロップで、「渡辺美里さんもアルバム「BIG WAVE」「Baby Faith」が 小林武史さんプロデュース」と表記があってもいいし、彼女の口からも以前小林さんと一緒に仕事をしたことあると言った方が、桐嶋さんにもよかったと思いますが、対談の台本にこのような話が一切ないのは非常に不思議でした。

コバタケさんが主催する「ap bank fes」の「Bank Band」には、美里のバックバンドでおなじみの山本拓夫氏、小倉博和氏などがいるので一度位呼ばれるのかと思っていましたが・・・。

今の10代~20代は渡辺美里の事を知らない人がほとんどで、親の世代の懐メロ歌手の認識程度だと思います。反して岡村靖幸、岡村ちゃんはサブカル層も含めよく10~20代も行く音楽フェスにも参加してるし、若手のアーティストも好きなアーティストのひとりに岡村ちゃんの名前をよく聞くし、現役感はスゴイいので岡村ちゃんとのコラボで新規ファンの開拓や私のように80年代の頃の聴いていた元ファンなど再発掘も可能だと思うのですが。

なんにせよ、80年代のEPICソニーの末っ子と秘蔵っ子として、当時EPICソニーのプロモーション・ビデオを作成してた坂西伊作監督のワンカメで独自の世界観が秀逸な映画で主演を努めた期待の若手アーティストだった二人、また岡村ちゃん作曲の美里の歌を聴いてみたい一人です。

20170216_5.jpg


左: Misato in eZ the Movie On the Flower bed (1989年公開)

右: Peach どんなことをしてほしいのぼくに (1989年公開)


たまに歌番組で昭和の懐メロ・青春ソングのくくりで、作曲者の哲ちゃん(小室哲哉)とセットで「My Revolution」ばかり歌っていますが、同時期の裏名曲の岡村ちゃん作曲の「Lovin' you」を岡村ちゃんの弾き語り聴いてみたいです。個人的には、マイレボよりもLovin' youの方が好きです。


[渡辺美里 - Lovin' you (Lovin' you) / Lovin' you (HELLO LOVERS) ]


某動画サイトで岡村ちゃんのセルフカバーのピアノ弾き語りで「Lovin' you」を歌っている動画がすごくよかったです。また、渡辺美里提供曲の「泣いちゃいそうだよ 」、



19才の秘かな欲望」も岡村ちゃんが歌うライブ音源もあったので、二人の共演を見てみたいですが無理ですかね(苦笑)

ちなみに「19才の秘かな欲望」については、美里オリジナルがアルバム「Lovin' you」(1986年)、美里セルフカバー版がアルバム「ribbon」(1988年)に収録、


[渡辺美里 - 19才の秘かな欲望 (Lovin' you) / 19才の秘かな欲望 -The Lover Soul Version- (ribbon) ]


岡村ちゃんのセルフカバー版が、アルバム「DATE」(1988年)に収録されています。


[岡村靖幸 - 19才の秘かな欲望 (DATE) ]


最後に当ブログ内で紹介した楽曲を無料試聴(サビ部の30秒間)できるように、音楽ストリーミングサービス「Spotify」をリンクしています。また無料会員に登録するとフル試聴できるのでオススメです。(詳細は、公式サイトにて)

Spotify_logo.jpg


※この記事で使用した画像・映像等の著作権,商標権又はその他の知的財産権画像などは全て権利者に帰属します。またここで紹介している動画は、すべて所属レーベル(レコード会社)、アーティスト所属事務所などがプロモーション用に作成し、YouTubeで公開している公式動画です。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にも、遊びにきてくださいね♪ 内容は、クラブミュージック/クラブジャズ/洋楽の名盤CDガイド、Nゲージ入門(鉄道模型)ガイド、JR外房線ガイド(車両・歴史・廃線など)です。

にほんブログ村 音楽ブログへ もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

[渡辺美里・80年代アーカイブス5] 感想・レビュー・無料全曲試聴有 「Lovin' you -30th Anniversary Edition-」 [[80年代] 音楽・EPICソニー]

9月27日にブログに書いた、「 [渡辺美里・80年代アーカイブス5] Lovin' you -30th Anniversary Edition-、11/30発売!」の内容を大幅加筆して、「[渡辺美里・80年代アーカイブス5] 感想・レビュー・無料全曲試聴有 「Lovin' you -30th Anniversary Edition-」」として、再アップしました。


[渡辺美里・80年代アーカイブス5]
感想・レビュー・無料全曲試聴有 「Lovin' you -30th Anniversary Edition-」
http://sotobo.blog.so-net.ne.jp/2016-09-27

20161130_1.jpg


20161206_1.jpg


主に初回限定特典として付いた、1986年の第1回西武スタジアムライブ(MISATO SPECIAL '86 KICK OFF)のDVDについて辛口レビューを書きました。

20161206.jpg


Amazonの購入レビューでは現役ファンの方の「星5」のみの絶賛コメントでしたが、5thアルバム 「Flower Bed」の頃まで熱心なファンだった者としての感想です。

他に「渡辺美里: 80・90年代アーカイブス」として、

[渡辺美里・80年代アーカイブス1] デビュー30周年記念の想い出

[渡辺美里・80年代アーカイブス2] 小室哲哉(TM NETWORK)、岡村靖幸、大江千里

[渡辺美里・80年代アーカイブス3] CD音源リマスター・ハイレゾについて

[渡辺美里・80年代アーカイブス4] TM NETWORK(小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登)、大江千里 夢の共演

[渡辺美里・90年代アーカイブス番外編] 小林武史(MY LITTLE LOVER)との音楽的関係性

というトピックを書いていますので、よかったらご覧ください。

※この記事で使用した画像・映像等の著作権,商標権又はその他の知的財産権画像などは全て権利者に帰属します。また掲載した私が所有しているCD・レコード、書籍等の写真は他のサイト・ブログ、各SNS等への転用・引用は一切しないようお願いいたします。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にも、遊びにきてくださいね♪ 内容は、クラブミュージック/クラブジャズ/洋楽の名盤CDガイド、Nゲージ入門(鉄道模型)ガイド、JR外房線ガイド(車両・歴史・廃線など)です。

にほんブログ村 音楽ブログへ もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

[渡辺美里・80年代アーカイブス5] 感想・レビュー・無料全曲試聴有 「Lovin' you -30th Anniversary Edition-」 [[80年代] 音楽・EPICソニー]

※発売前は「 [渡辺美里・80年代アーカイブス5] Lovin' you -30th Anniversary Edition-、11/30発売!」というタイトルでしたが、本アルバム発売後は「[渡辺美里・80年代アーカイブス5] 感想・レビュー・無料全曲試聴有 「Lovin' you -30th Anniversary Edition-」」とタイトルを改め、発売後の感想は「赤字」で記載しました。非常に見難くなってしまい、申し訳ございません。。。
----

以前のブログ、「[渡辺美里・80年代アーカイブス3] CD音源リマスター・ハイレゾについて」にて、渡辺美里 デビュー30周年記念企画としてファーストアルバムの「eyes -30th Anniversary Edition-」を紹介しました。



今回は、第2弾として待望の渡辺美里のセカンドアルバム「Lovin’you」の2016年リマスター版、「Lovin’you -30th Anniversary Edition-」が正式発表されました。

20161117_1.jpg


今回も以下の2形態でのリリースとなります、発売日は、11月30日(水)です。

通常版(CD2枚組+ライナーノーツブックレット)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Lovin' you -30th Anniversary Edition- [ 渡辺美里 ]
価格:4200円(税込、送料無料) (2016/9/27時点)



(通常版)


初回限定版(7インチサイズ特製ジャケット・CD2枚組+ライナーノーツブックレット+DVD+カラーフォトブックレット)(+早期予約特典)となります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Lovin' you -30th Anniversary Edition- (初回限定盤 2CD+DVD) [ 渡辺美里 ]
価格:8035円(税込、送料無料) (2016/9/27時点)



(初回生産限定盤)(DVD付)


※収録曲については当ブログで全て無料(音楽ストリーミングサービス「Spotify」利用)で試聴できます。この記事の下位で試聴できます。

----
※2016.11.18 現在、Amazonでこの「Lovin' you -30th Anniversary Edition-(初回生産限定盤)(DVD付)」が、 24%OFFの「7,447 円」になっています。安く入手したい方は早期予約がお得です。

20161117_4.jpg

※本日発売日に、Amazonより到着しました。
20161130_1.jpg


※大きさですが、LPレコード(左)・CD(真ん中)と比べるとこんな感じです。
20161130_2.jpg


※また、CDケースもLPを縮小したデザインになっていたり、DVDの台紙がシングル盤「My Revolution」盤をイメージしたデザインになっています。
20161206_1.jpg

----

しかも初回限定特典として1986年の第1回西武スタジアムライブ(MISATO SPECIAL '86 KICK OFF)のDVDが付属します!!

20161117_2.jpg


ノーカットやデジタルリマスターなどどんな仕様になるか現時点では不明ですが、とても楽しみです。

---

※2016.12.06 (購入後、追記)

このDVDの手抜きの内容にとても残念な気持ちになりました。Amazonの購入レビューに書くと現役ファンの方に怒られそうなので、ブログに書きます。

20161206.jpg


以下に書いた、「BORN1」 (MISATO BORN AUG.1986-MAR.1987)に未発表曲の「Lovin' you」と「My Revolution」が追加されただけで、画面サイズも4:3 画質もそのまんま・・・。

この内容で、定価9,800円は高すぎです。前作の「eyes -30th Anniversary Edition-」の時のようにボーナストラックを付ける、せめてミュージックビデオ未発売の「GROWIN'UP」を入れるとかして欲しかったです。 通常版も旧仕様と同じ、定価4,200円って私のように昔好きだったから、懐かしいから久しぶりに買って聴いてみようと思っている、かつても多くのファンは誰も買わないと思います。(私は、頂いたAmazonギフト券で購入したので実質無料で入手しました、ギフト券が無かったら購入しなかったです)

CDが売れない時代、私のようなかつてのファンが購入して、ライプに行ってみたいというキッカケにすらならないと思います。今の時代、下記にリンクした、音楽ストリーミング配信サービス「Spotify」で無料で全曲フルで聴くことが出来るので、これで十分という方がほとんどだと思います。

今は個人事務所で社員を養うために今も残っているファンから搾取するだけでは、結局先細りになっていくと思います。

---

さらに通常のライナーノーツブックレットの他に1986年に撮影された未公開写真を中心に構成された約100カラーフォトブックレットが付属します。

20161117_3.jpg


当時ソニーはパチパチ、GBなど音楽雑誌を刊行していたので、素材は豊富にあるんでしょうね。

misato_pati_pati .jpg


また、10月18日(火)まで予約した方限定で早期予約特典として、『生カセット「想い出の美里テープ」』というものがもらえます。



(初回生産限定盤)(DVD付)(生カセット「想い出の美里テープ」付)


何か録音されているのかと思えば、「※生のカセットテープとなります(ブランクのカセットテープ/音源の入っていないカセットテープとなります)」とのことです(苦笑)

20160927_1.jpg


ただ価格が通常版が4,200円、初回限定版が9,800円。当時購入したCD・レコードの価格と同じ価格なので、いくらリマスター版とだとしても再発としてはちょっと高いですね。

現在「楽天ブックス」などで18%オフになっていて、Amazonも価格変動するので少し安く買えると思いますが、私のような80年代はよく聴いていたかつてのファンにはちょっとお財布が厳しいですね(苦笑)

20160927_2.jpg

(当時、お小遣いを貯めて購入したレコードとCDです)


今回はもちろんDVD付きの初回限定版を予約しました。今回収録子している西武V1(MISATO SPECIAL '86 KICK OFF)は、当時サポートメンバーとしてTM NETWORK小室哲哉氏が参加しているのも見所のひとつです。

20160927_4.jpg

(哲ちゃんの衣装は、86年の「TM NETWORK TOUR '86 FANKS DYNA☆MIX」仕様??)


美里のビデオクリップ「BORN1」 (MISATO BORN AUG.1986-MAR.1987)にも一部収録されています。この時は西武球場の他に今は亡き大阪スタジアム・名古屋城 深井丸広場でも開催されていたので、哲ちゃん(小室哲哉)作曲の「嵐が丘」は今は無き大阪スタジアムの時のものが収録されています。

20160927_6.jpg


哲ちゃんがTMばりのライブ用アレンジの転調しまくる「嵐が丘」(Lovin' you 収録曲)はすごくカッコいいです。

20160927_5.jpg

(左: のりのりでキーボード叩く哲ちゃんこと、小室哲哉氏w)


また、岡村ちゃん(岡村靖幸)作曲の「みつめていたい (Restin' In Your Room)」(Lovin' you 収録曲)でショルキーを弾きながら、激しく躍動・踊りまくる哲ちゃん(小室哲哉)もTM Network全盛期のライブでもみたことないような(笑)

20160927_7.jpg

(左: コーラスのAMAZONSのお姉さん達の前でノリノリの哲ちゃんw)

(右: キダーの佐橋佳幸氏と楽しくプレイする哲ちゃんw)


ちなみに当時のセットリスト

MISATO SPECIAL '86 KICK OFF (1986年8月8日 西武球場)

18才のライブ
A Happy Ending
19才の秘かな欲望
Lovin' you
死んでるみたいに生きたくない
Lazy Crazy Blueberry Pie
Resistance
嵐ヶ丘
Steppin' Now
Teenage Walk
Bye Bye Yesterday
雨よ降らないで
天使にかまれる
eyes
素敵になりたい
My Revolution
みつめていたい (Restin' In Your Room)

【アンコール】
男の子のように
Long Night
悲しき願い(Here & There)
GROWIN' UP
きみに会えて

---

今回リマスターされる、セカンドアルバム「Lovin’you」は、今のように野太い声、オペラ歌手のような体形ではなく、若さゆえの荒削り感はありますがキラリと光るフレッシュな渡辺美里が聴けます。


(Twitterより: 当時の貴重な新聞広告、キャッチコピーは「前例のない、ロック・シンガーだ。」)


このアルバムには代表曲「My Revolution」が収録され、作曲陣も20曲中、小室哲哉が7曲、岡村靖幸が8曲を担当、TM NETWORKがコーラスを担当し、当時のEPICソニーの小坂組の力を結集させた作品になっています。

misato_Lovin_You.jpg


当ブログでは、紹介した渡辺美里の楽曲を全て無料で試聴できるように、私がよく利用している音楽ストリーミングサービス「Spotify」をリンクしました。このブログで紹介した全曲無料で試聴可能と鳴っています。また無料会員に登録すると一定時間内ならフル試聴できるのでオススメです。

Spotify_logo.jpg




HERE (1枚目)
1. Long Night (作詞:渡辺美里、作曲:岡村靖幸、編曲:大村雅朗)
2. 天使にかまれる (作詞:渡辺美里、作曲:小室哲哉、編曲:大村雅朗・小室哲哉)
3. My Revolution (作詞:川村真澄、作曲:小室哲哉、編曲:大村雅朗)
4. そばにいるよ (作詞:神沢礼江、作曲:小室哲哉、編曲:大村雅朗)
5. 素敵になりたい (作詞:神沢礼江、作曲:岡村靖幸、編曲:大村雅朗)
6. 19才の秘かな欲望 (作詞:戸沢暢美、作曲:岡村靖幸、編曲:大村雅朗)
7. This Moment (作詞:川村真澄、作曲:小室哲哉、編曲:大村雅朗)
8. 君はクロール (作詞:渡辺美里、作曲・編曲:大村雅朗)
9. Resistance (作詞:神沢礼江、作曲:岡村靖幸、編曲:大村雅朗)

THERE (2枚目)
1. 悲しき願い(Here & There)(作詞:渡辺美里、作曲:岡村靖幸、編曲:大村雅朗)
2. みつめていたい(Restin' in Your Room)(作詞:渡辺美里、作曲:岡村靖幸、編曲:大村雅朗)
3. 言いだせないまま (作詞:神沢礼江、作曲:木根尚登、編曲:大村雅朗)
4. 雨よ降らないで (作詞:渡辺美里、作曲:小室哲哉、編曲:大村雅朗)
5. Steppin' Now (作詞・作曲:渡辺美里、編曲:大村雅朗)
6. 男の子のように (作詞:渡辺美里、作曲:西本明、編曲:大村雅朗)
7. A Happy Ending (作詞:川村真澄、作曲:岡村靖幸、編曲:大村雅朗)
8. Teenage Walk (作詞:神沢礼江、作曲:小室哲哉、編曲:大村雅朗)
9. 嵐ヶ丘 (作詞:渡辺美里、作曲:小室哲哉、編曲:大村雅朗・小室哲哉)
10. Lovin' you (作詞:渡辺美里、作曲:岡村靖幸、編曲:大村雅朗)

岡村靖幸作曲の「19才の秘かな欲望」は



のちに岡村ちゃんが自身のアルバム「DATE」でセルフカバーしています。



また、渡辺美里自身も4thアルバム「ribbon」でセルフカバーしています。



アルバムのタイトル曲、ラストトラックになっているの同じく岡村靖幸作曲の「Lovin' you」は、



コブクロが「ALL COVERS BEST」でカバーしています。



「ALL COVERS BEST」 / コブクロ


80年代の渡辺美里ファンとして発売が待ち遠しいです!! この頃は、20歳の等身大の渡辺美里が歌う思春期特有の感情、世の中への不満・葛藤・未来への期待など今聴くと中2病のような歌詞の世界観が当時の私のような10代のリスナー響いていましたね。

私のこのブログにも、毎日「渡辺美里」、「小室哲哉」(TM NETWORK)、「岡村靖幸」、「大江千里」という検索ワードされていますが、30周年で露出が増えてかつてのファンを掘り起こしするにはいい機会かと思いますか、人気絶頂期の「Flower bed」あたりまで一気にリマスター・低価格販売しないのでしょうか?

misato_4.jpg


先日、同じEPICレーベルメイトのTM NETWORKの80年代の作品「Self Control」、「humansystem」、「CAROL」の2013年音源リマスター版Blu-spec2仕様のCDをAmazonで約1600円前後で購入できたので、今回も当時のCDの半額程度にしてもらえるとよかったんですが。。。

20160927_3.jpg


前回の「eyes -30th Anniversary Edition-」の時はシングル曲がボーナストラックになっていたので納得できたのですが、今回はボーナストラックもなく、価格据え置きって。。。 今でもファンの方ならこの価格でもコレクーズアイテムとして必ず購入すると思いますが、私のように80年代の時はファンで久しぶりにいい音質で聴いてみようというかつてのファン向きの価格ではないですね。

なお、渡辺美里Lovin' you -30th Anniversary Edition-の最新情報については、「ソニーミュージック オフィシャルサイト」(渡辺美里)にてご確認ください。

※この記事で使用した画像・映像等の著作権,商標権又はその他の知的財産権画像などは全て権利者に帰属します。また掲載した私が所有しているCD・レコード、書籍等の写真は他のサイト・ブログ、各SNS等への転用・引用は一切しないようお願いいたします。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にも、遊びにきてくださいね♪ 内容は、クラブミュージック/クラブジャズ/洋楽の名盤CDガイド、Nゲージ入門(鉄道模型)ガイド、JR外房線ガイド(車両・歴史・廃線など)です。

にほんブログ村 音楽ブログへ もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

[渡辺美里・80年代アーカイブス4] TM NETWORK ( 小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登 ) 、大江千里 夢の共演 [[80年代] 音楽・EPICソニー]

先日書いた、「[渡辺美里・80年代アーカイブス2] 小室哲哉(TM NETWORK)、岡村靖幸、大江千里」にたくさんのアクセスありがとうございます!!

今日は「渡辺美里・80年代アーカイブス2」の続編で、印象に残ったテレビ(ラジオ)共演を少し書いてみたいと思います。

夜のヒットスタジオ

共演と言えば、80年代のフジテレビの「夜のヒットスタジオ」(通称: 夜ヒット)でした。

私の神回は1989年7月12日放送の「ムーンライト・ダンス」(渡辺美里)、「DIVE INTO YOUR BODY」 (TM NETWORK)、そしてマンスリーゲストの大江千里の「ジェリオ’S BAR」の回でした。

この回の最初ハプニングは、「ムーンライト・ダンス」(渡辺美里)の歌唱時のキーボード奏者が作曲者の小室哲哉 (YAMAHA KX5) の時に

20160515_2.jpg


曲の途中でシーケンサー (自動演奏装置) が不調になりメロディーとベース音がズレるというハプニングが発生、小室哲哉がスタッフに曲中に何回も手で「×」(バツ)をして、シーケンサーを切れというジェスチャーが何回も見られましたが、無事に歌い切った渡辺美里もプロだなと思いました。

20160515_1.jpg

(左: スタッフに「×」と指示する、哲ちゃん)


そして夢の共演は、大江千里の「ジェリオ’S BAR」歌唱時の間奏時に、大江千里がゲスト席のいた渡辺美里TM NETWORKのお三方をコーラスとして引き入れます。

20160515_3.jpg

( 衣装が変わったみさっちゃん / 豪華なコーラス陣 )


EPICソニー・小坂チームの面々が、仲良く歌唱したことが思い出深いです。

20160515_4.jpg

(写真左: TM NETWORK ~ 千ちゃん ~ みさっちゃん)


エピックレコードジャパン創立25周年記念イベントLIVE EPIC25

[渡辺美里アーカイブ1] デビュー30周年記念の想い出」、「[渡辺美里アーカイブ2] 小室哲哉(TM NETWORK)、岡村靖幸、大江千里」でもご紹介した、2003年に行われたエピックレコードジャパン創立25周年記念イベント「LIVE EPIC25でも同じステージに立っていたのてすが、この時は共演は渡辺美里と小室哲哉のみだったので私の知る限り、この「夜ヒット」だけがこの3組の共演シーンだった思います。

20160515_7.jpg

( 出演順: 大江千里 ~ TM NETWORK ~ 渡辺美里 )


この模様は映像化されています。


[DVD] LIVE EPIC25 (エピックレコードジャパン)


この時は、大江千里が「YOU」「REAL」「十人十色」、TM NETWORKが「Be Together」「Get Wild」「Self Control」、渡辺美里が「きみに会えて」(ピアノ伴奏・小室哲哉)「My Revolution」(ピアノ伴奏・小室哲哉)「恋したっていいじゃない」「10years」を歌っています。

20150511_2.jpg


ちなみに大江千里は、1992年のTMNの「RHYTHM RED TMN TOUR」にゲスト出演しています。

20160515_6.jpg


この模様は映像化されています。


[DVD] WORLD'S END Rhythm Red Live (エピックレコードジャパン)


余談ですが、デビュー前のTM NETWORK大江千里のアルバム「Pleasure」(1984年)にコーラスとして参加しています。


大江千里 - Pleasure (1984 / 2013)


コーラス参加曲は、1.シンデレラにはかなわない3.待ちわびて9.BOYS & GIRLSとなっています。



小室哲哉が、大江千里の5th.シングル「ロマンス」(1984年)、22th.シングル「あいたい」(1990年)などのアレンジ(編曲)を手がけています。さすが、小坂組って感じがします。



TBS開局35周年イベントANNIVERSARY ROCK FESTIVAL

また、当時Fanks (TM Networkのファン) としては「渡辺美里」・「TM NETWORK」の組み合わせで、1986年12月21日に日本武道館で行われた、TBS開局35周年イベント「ANNIVERSARY ROCK FESTIVALでジョイントライブをしています。当時は音楽雑誌の写真記事を読み、一部音源TBSラジオで放送されました。(TBSさん、この時の音源を商品化なり配信して欲しいです)

【セットリスト】
TBS開局35周年記念「アニバーサリーロックフェスティバル」@日本武道館 (昭和61年12月21日)

 1. My Revolution (Hello Version) ※
 2. All-Right All-Night ◎※
 3. 悲しき願い ◎
 4. Growin’ Up
 5. Long Night
 6. Steppin’ Night
 7. Passenger ※
 8. Come on Let’s Dance ◎※
 9. You Can Dance 
 10. My Revolution ◎

 (◎: 某動画サイトで聴いた音源 / ※: TBSラジオ 放送)

当時の貴重な写真はこちら。(当時GBに記事・写真は掲載されていましたが、実家で既に処分されていました)


(Twitterタイムラインより)



(Twitterタイムラインより)


最近、この時の『◎』印の一部の音源を某動画サイトで聴いたんですが、TM NETWORKの「All-Right All-Night」と「Come on Let's Dance」の時の渡辺美里のコーラスがカッコ良すぎました。

(渡辺美里は、この曲が収録されている、3rd.アルバム「GORILLA」(1986年) のコーラスとしても参加しています。当ブログ「[渡辺美里・80年代アーカイブス2] 小室哲哉(TM NETWORK)、岡村靖幸、大江千里」にて無料フル試聴が可能になっています)

20160515_5.jpg


ただ、音割れやノイズが酷くTBSラジオ未公開の「Passenger」も聴けたので、会場でFanksラジカセで録音されたものではないかと思います。(どうせなら、美里を入れたフルで聴きたかったです)

ちなみにこの時のライブには、当時の渡辺美里の事務所「ハートランド」の先輩の白井貴子、またデビュー直後の岡村靖幸が出演、岡村ちゃんはデビュー直後の初ライブ(1st.シングル「OUT OF BLUE」を歌唱)となっています。(wikipedia 「岡村靖幸」項より)


(Twitterタイムラインより)


------

先日、渡辺美里名盤ライブeyesが東京・大阪で行われました。



渡辺美里のデビューアルバム「eyes」の再現ライブでした。



アルバム名にもなった「eyes」を作曲した、木根尚登 (TM NETWORK) が観にこられていましたね。


(木根さんのTwitterより)


岡村ちゃん (岡村靖幸) を含めた、EPICソニー・小坂チームの面々がデビュー30周年を含め4組の共演ライブとかあるとうれしいんですが、所属レーベルもバラバラになってしまったりと難しいのかなと思ってしまいます・・・。

misato_4.jpg


※この記事で使用した画像・映像等の著作権,商標権又はその他の知的財産権画像などは全て権利者に帰属します。また掲載した私が所有しているCD・レコード、書籍等の写真は他のサイト・ブログ、各SNS等への転用・引用は一切しないようお願いいたします。

その5」([渡辺美里・80年代アーカイブス5] Lovin' you -30th Anniversary Edition-、11/30発売!)へ、続きます。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にも、遊びにきてくださいね♪ 内容は、クラブミュージック/クラブジャズ/洋楽の名盤CDガイド、Nゲージ入門(鉄道模型)ガイド、JR外房線ガイド(車両・歴史・廃線など)です。

にほんブログ村 音楽ブログへ もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

[渡辺美里・90年代アーカイブス番外編] 小林武史(MY LITTLE LOVER)との音楽的関係性 [[80年代] 音楽・EPICソニー]

今回は80年代の話ではなく、90年代の話です。渡辺美里・80年代アーカイブス1~ で触れていますが、80年代は小室哲哉(TM NETWORK)、岡村靖幸、大江千里など名だたる作曲陣が参加していますが、90年代は小林武史氏がアルバム2作品プロデュースしています。

90年代の「TK」と言えば、小室哲哉と小林武史でした。この二人が絡んでいるいるアーティストは稀ではないでしょうか?

90年代の小林武史プロデュースと言えば、「Mr.Children」(ミスチル)と「MY LITTLE LOVER」(マイラバ)でした。しかも1995年のマイラバデビュー前夜のコバタケ氏がプロデュースした「BIG WAVE」「Baby Faith」では元マイラバのメンバーである藤井謙二氏も関わっていました。

この記事を書くきっかけになったのは、以下の音楽ニュースサイトでした。MY LITTLE LOVER (以下: マイラバ)がデビュー20周年で、それを記念したアルバム「re:evergreen」を11月25日(水)にリリースするニュースでした。


re:evergreen」/ MY LITTLE LOVER


余談ですがこのジャケ写は、20年前にリリースされた「evergreen」のジャケ写のデザインを再現したそうです。このアルバムは当時かなり聴き込んでいたので懐かしいです。


evergreen」/ MY LITTLE LOVER


先月先行配信リリースされた、アルバム収録曲「ターミナル」は映画「起終点駅 ターミナル」の主題歌になっているので、テレビのスポットで耳にした事がある方も多いと思います。


ターミナル」/ MY LITTLE LOVER


マイラバの「evergreen」がリリースされた90年代はバブルの終焉ということもあり、すごくCDが売れた時代でもありました。このアルバムは発売直後でミリオンとなり、累計280万枚という今では考えられない枚数ですね。。。

・・・という事で当時購入したCDを収納ボックスからひっぱりでしてきました。

201501121_5.jpg

evergreen」/ MY LITTLE LOVER (1995年12月5日)


透明ケースは経年劣化でかなり黄ばんでいましたが、初回特典のメンバーサイン付きのポストカードや3面デジパック仕様と懐かしいです。だいぶ話が脱線してしまいましたね(苦笑)

ここでブログのタイトルが「渡辺美里・90年代アーカイブス番外編」となったのは、実はマイラバのデビューを当時知ったのは「渡辺美里」の人脈つながりで知りました。

マイラバのプロデューサーはのちにメンバーになる「小林武史」氏(コバタケ)ですが、渡辺美里の1993年のアルバム「BIG WAVE」、1994年のアルバム「Baby Faith」のプロデューサーになっています。

201501121_6.jpg


そして、アルバムのスタジオミュージシャン、ツアー時のサポートメンバーとしてのちにマイラバのメンバーに「藤井謙二」がギターとして参加しています。

201501121_7.jpg

(右: 藤井謙二)


テレ朝の「ミュージックステーション」(1994年 7月29日)に渡辺美里の「チェリーが3つ並ばない」(編曲: 小林武史)の際に当時のツアーメンバーのバックバンドとして出演しています。

201501121_2.jpg

(一番右の青いシャツで、白いギターが藤井さんです)


201501121_3.jpg

(右が藤井さん。ちなみに左の白いシャツでレスポールが「葛城哲哉」氏。TM NETWORKのサポートもしていたお馴染みの「かつG」さん)


また、渡辺美里のサポートメンバーやバンマスとお馴染み、都立松原高校の先輩にもあたり、小林武史氏&桜井和寿氏(Mr.Children)が中心となった「Bank Band」のメンバーとしてお馴染みの「山本拓夫」氏が、マイラバのデビュー曲になる「Man & Woman」のホーンアレンジを担当しています。

201501121_4.jpg

(渡辺さんの左にいるトレッド柄のシャツが山本さん)


201501121_1.jpg

Man & Woman」/ MY LITTLE LOVER


このブログを書きながら、「evergreen」を十数年ぶりに聴いていますがやっぱりいいですね。特にタイトル曲でもある、「evergreen」は名曲ですね。詩の世界観がとても好きです!

渡辺美里と言えば、せっかく小林武史氏をプロデューサーに迎えても結局80年代の頃のような中高生のような恋愛のような世界観の歌詞ばかりで、すごくもったいないアルバムだなと感じました。渡辺美里は「懐メロ」という感じで「J-POP」とカテゴリーからもれてしまったと個人的には思っています。

歌唱力はあり、実績のある作曲家・プロデューサーを迎えていたのだから、作詞は外注してもよかったと今になれば思います。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

※ここで紹介している動画は、すべて所属レーベル(レコード会社)、アーティスト所属事務所などがプロモーション用に作成し、YouTubeで公開している公式動画です。

※この記事で使用した画像・映像等の著作権,商標権又はその他の知的財産権画像などは全て権利者に帰属します。また掲載した私が所有しているCD・レコード、書籍等の写真は他のサイト・ブログ、各SNS等への転用・引用は一切しないようお願いいたします。

ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にも、遊びにきてくださいね♪ 内容は、クラブミュージック/クラブジャズ/洋楽の名盤CDガイド、Nゲージ入門(鉄道模型)ガイド、JR外房線ガイド(車両・歴史・廃線など)です。

にほんブログ村 音楽ブログへ もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

[渡辺美里・80年代アーカイブス3] CD音源リマスター・ハイレゾについて [[80年代] 音楽・EPICソニー]

連日、当ブログのトピックスの「[渡辺美里・80年代アーカイブス1] デビュー30周年記念の想い出」、「[渡辺美里・80年代アーカイブス2] 小室哲哉(TM NETWORK)、岡村靖幸、大江千里【その2】」に沢山のアクセス、ありがとうございます!

先日ファーストアルバム「eyes」が、渡辺美里 デビュー30周年記念企画eyes -30th Anniversary Edition-』として12月16日(水)に発売されると公式に発表がありました。

20151008_5.jpg


01. SOMEWHERE (作曲・編曲:小室哲哉)
02. GROWIN' UP (作詞:神沢礼江 作曲:岡村靖幸 編曲:後藤次利)
03. すべて君のため (作詞:神沢礼江 作曲:岡村靖幸 編曲:後藤次利)
04. 18才のライブ (作詞:竹花いち子 作曲:亀井登志夫 編曲:大村憲司)
05. 悲しいボーイフレンド (作詞・作曲:大江千里 編曲:後藤次利)
06. eyes (作詞:戸沢暢美 作曲:木根尚登 編曲:西本明)
07. 死んでるみたいに生きたくない (作詞:戸沢暢美 作曲:小室哲哉 編曲:後藤次利)
08. 追いかけてRAINBOW (作詞:渡辺美里 作曲:白井貴子 編曲:後藤次利)
09. Lazy Crazy Blueberry Pie (作詞:神沢礼江 作曲・編曲:岡村靖幸)
10. きみに会えて (作詞:神沢礼江 作曲:小室哲哉 編曲:清水信之)
11. Bye Bye Yesterday (作詞:渡辺美里 作曲:岡村靖幸 編曲:清水信之)

(※LP盤は01~06がA面、07〜11がB面)

[ボーナス・トラック]
1. I’m Free (シングル「I’m Free」収録)
2. タフな気持で(Don’t Cry)  (シングル「I’m Free」収録)
3. ルージュの色よりもっと (シングル「GROWIN’ UP」収録)

当ブログでは、紹介した渡辺美里の楽曲を全て無料で試聴できるように、私がよく利用している音楽ストリーミングサービス「Spotify」をリンクしました。このブログで紹介した全曲無料で試聴可能と鳴っています。また無料会員に登録すると一定時間内ならフル試聴できるのでオススメです。

Spotify_logo.jpg




今回は、LP付きの「完全生産限定盤」と「通常盤」の2種類となります。

eyes -30th Anniversary Edition- [ 渡辺美里 ]

価格:6,499円
(2015/10/11 19:06時点)


eyes -30th Anniversary Edition- (完全生産限定盤) / 渡辺美里


eyes -30th Anniversary Edition- [ 渡辺美里 ]

価格:3,000円
(2015/10/11 19:09時点)


eyes -30th Anniversary Edition- / 渡辺美里


両方とも最新リマスター、高品質CD(Blu-spec CD2)という仕様で、この時期にリリースしたシングルのカップリング曲(I’m Freeタフな気持で(Don’t Cry)ルージュの色よりもっと)も収録されます。

misato_im_free.jpg

(管理人所有品)




完全生産限定盤」は未公開のアザーカットを使用した豪華LPサイズWジャケット仕様、「通常盤」は未公開のアザーカットを使用した豪華LPサイズWジャケット仕様となります。私は当時買ったLPは持っているので「通常盤」を購入予定です。

misato_eyes.jpg

(管理人所有品)


ファーストアルバム「eyes」は、小坂組のデビューしたばかりの「TM NETWORK」(小室哲哉木根尚登)、「大江千里」、デビュー前の「岡村靖幸」が楽曲を提供し、同じ事務所(ハートランド)の先輩で渡辺美里がデビュー前にライブのコーラスに参加していた「白井貴子」やアレンジャー陣も「後藤次利」、高校の先輩でもある「清水信之」といかに当時のEPICソニーが力を入れた大型新人の一大プロジェクトだったという事がわかります。

misato_4.jpg


まだ渡辺美里の声も今のように力強いヴォーカル(悪く言えば野太い声)ではなく、透明感がある声でタイトル曲の「eyes」や「きみに会えて」など名曲が多いです。今のようにシングル曲とアルバム曲との差異が無く、アルバムとしてのクオリティーが高かったと思います。

出来れば、80年代にリリースされた「Lovin' you」、「BREATH」、「ribbon」、「Flower bed」も同じ仕様で再発して欲しいです。私のように80年代の渡辺美里のファンだったという人は多いと思うのですが・・・。

20151008_4.jpg


今年は渡辺美里 デビュー30周年記念という事で、上記の過去アルバムの音源リマスターの発売や既に絶版になっている映像作品「born」シリーズの画質(デジタル処理)・音質向上版の再発や音源のハイレゾでの配信も期待しています。

20151008_2.jpg

(管理人所有品)


実は、80年代の初期の頃のアルバムを含めた、音源リマスター及び高音質CD化(Blu-spec CD)は25周年の時に「Wonderful Moments 25th」(完全生産限定盤)としてリリースされています。


Wonderful Moments 25th」(完全生産限定盤) / 渡辺美里


これバラ売りして欲しかったんですが・・・。もう一つはEPICソニーレーベルの25周年を記念して発売された、「The LEGEND」。

20151008_1.jpg

(管理人所有品)


こちらは、CDの他にデジタル販売(MP3形式)でも販売されています。EPICの25周年という事で80年代の作品を中心にコンパイルされています。当時買ったアルバムと比べると音質や音圧が格段に良くなっているのでおススメです。


The LEGEND」 / 渡辺美里 (収録曲の試聴は、右上のAmazonのリンク先でも出来ます)


01. eyes (作詞:戸沢暢美、作曲:木根尚登、編曲:西本明)「eyes」収録
02. My Revolution (作詞:川村真澄、作曲:小室哲哉、編曲:大村雅朗) 「Lovin' you」収録
03. BOYS CRIED -あの時からかもしれない- (作詞:渡辺美里、作曲:伊秩弘将、編曲:西平彰)「BREATH」収録
04. センチメンタル カンガルー (作詞:渡辺美里、作曲・編曲:佐橋佳幸)「ribbon」収録
05. すき (作詞:渡辺美里、作曲:大江千里、編曲:有賀啓雄)「Flower bed」収録
06. 死んでるみたいに生きたくない (作詞:戸沢暢美、作曲:小室哲哉、編曲:後藤次利)「eyes」収録
07. Long Night (作詞:渡辺美里、作曲:岡村靖幸、編曲:大村雅朗)「Lovin' you」収録
08. BORN TO SKIP (作詞:渡辺美里、作曲:木根尚登、編曲:清水信之)「BREATH」収録
09. 恋したっていいじゃない (作詞:渡辺美里、作曲:伊秩弘将、編曲:清水信之)「ribbon」収録
10. やるじゃん女の子 (作詞・作曲:渡辺美里、編曲:清水信之)「Flower bed」収録
11. 悲しいボーイフレンド (作詞・作曲:大江千里、編曲:後藤次利)「eyes」収録
12. Steppin' Now (作詞・作曲:渡辺美里、編曲:大村雅朗)「Lovin' you」収録
13. 悲しいね (Remix Version)(作詞:渡辺美里、作曲・編曲:小室哲哉)「ribbon」収録
14. 10 years (作詞:渡辺美里、作曲:大江千里、編曲:有賀啓雄)「ribbon」収録
15. Lovin' you (作詞:渡辺美里、作曲:岡村靖幸、編曲:大村雅朗)「Lovin' you」収録

後日、数回観に行った、西武球場 (西武スタジアム) ライブについて書きたいと思います。

20151008_3.jpg


※この記事で使用した画像・映像等の著作権,商標権又はその他の知的財産権画像などは全て権利者に帰属します。また掲載した私が所有しているCD・レコード、書籍等の写真は他のサイト・ブログ、各SNS等への転用・引用は一切しないようお願いいたします。

その4」([渡辺美里・80年代アーカイブス4] TM NETWORK ( 小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登 ) 、大江千里 夢の共演)へ、続きます。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にも、遊びにきてくださいね♪ 内容は、クラブミュージック/クラブジャズ/洋楽の名盤CDガイド、Nゲージ入門(鉄道模型)ガイド、JR外房線ガイド(車両・歴史・廃線など)です。

にほんブログ村 音楽ブログへ もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

[渡辺美里・80年代アーカイブス2] 小室哲哉(TM NETWORK)、岡村靖幸、大江千里 [[80年代] 音楽・EPICソニー]

先日の当ブログのトピックスの「[渡辺美里・80年代アーカイブス1] デビュー30周年記念の想い出」に沢山のアクセス、ありがとうございました!

今回は80年代に渡辺美里プロデュースに関わったコンポーザー(作曲家)である、小室哲哉(TM NETWORK)、岡村靖幸大江千里について少し書いてみたいと思います。(敬称略)

kosaka.jpg


当ブログでは、この3人が渡辺美里に提供した楽曲を全て無料で試聴できるように、私がよく利用している音楽ストリーミングサービス「Spotify」をリンクしました。このブログで紹介した全曲無料で試聴可能と鳴っています。また無料会員に登録すると一定時間内ならフル試聴できるのでオススメです。

Spotify_logo.jpg


この記事で紹介しているLPレコード・シングルレコード・シングルCDなどは全て私の所有品となっています。

この4人の共通点は、当時のEPICソニー(現・エピックレコードジャパン)の名プロデューサーであった、小坂洋二氏(現・ソニー系列のレーベル「パームビーチ」の 代表取締役社長)がプロデュースで、当時は「小坂組」と呼ばれていました。


EPIC25 1986~1990 GOLDEN 80's COLLECTION


ちなみに 小坂さんの元妻はTM NETWORKの作詞を担当していた、 彼らの代表曲「Get Wild」でのお馴染みのシンガー・ソング・ライターの小室みつ子 (別名: 西門加里)。


小室みつ子 - Actually As Always (2005年)


ちなみに小室哲哉と小室みつ子とはたまたま苗字が同じだけで血縁関係など一切ありません。この頃は小坂プロデューサーと小室みつ子さんは夫婦でした。ちなみに「西門加里」というペンネームは、ファンだった70年代を代表するシンガー・ソング・ライター、「カーリー・サイモン」からとったそうです。

20150511_1.jpg

(ネット配信番組「小室みつ子のGetWild」より、小室哲哉氏ゲスト出演時)


ただ、小室みつ子さんなどの当事者達のインタビュー記事を読むとたまたま哲ちゃんと同じ苗字なので、TM NETWORKのアルバム「GORILLA」(1986年)まではペンネーム「西門加里」を使用していたのに、夫でもある小坂洋二プロデューサーのアイディアで次のアルバム「Self Control」(1987年)からは本名の「小室みつ子」にした方が、同じ「小室」姓なのでFANKS(TMのファン)達にいろいろな憶測を持たせる方が面白いと意図的に本名を使ったいうのが真相らしいです。

GORILLA_Self.jpg

TM NETWORK - GORILLA (1986年) / Self Control (1987年)


この小坂洋二プロデューサーは「EPICソニー」の80年代黄金期の礎を作った方で、才能を見抜く名プロデューサーでもありました。(小室哲哉と小坂さんとは師弟関係で、のちの90年代・TKプロデュースのお手本にしていたと言われています)

当時サラリーマンだった佐野元春を見出し、当時の渡辺美里は秘蔵っ子という位置づけで、既にデビューしていた小室哲哉・ 木根尚登 (TM NETWORK)大江千里やまだデビュー前の岡村靖幸に楽曲を提供させていました。

ちなみに佐野元春と渡辺美里は、1986年5月20日の音楽イベント「EPIC SONY ダンス天国 ~ DANCE TO HEAVEN ~」(新宿ステレオホール)で佐野さんの「So Young」をデュエットしています。

20170228_0.jpg


1990年に佐野さんとのデュエット曲「Home Planet-地球こそ私の家」(TBS系列TV 宇宙プロジェクト トータルテーマソング)をリリースしています。

Home_Planet .jpg


「Home Planet-地球こそ私の家」 渡辺美里・佐野元春


この曲は、佐野・美里双方のベストアルバムにも収録されています。


渡辺美里 - Song is Beautiful (2010年)



佐野元春 - THE SINGLES EPIC YEARS 1980-2004 (2006年)


小室哲哉 (TM NETWORK)

最初は、「てっちゃん」こと、小室哲哉。渡辺美里の代名詞である、「My Revolution 」(マイレボ)の作曲を始め多くの楽曲を提供しています。マイレボの独自の転調を繰り返す、コード進行は「小室コード」と言われ、いわゆる90年代に一世風靡をした「TK サウンド」と言われた、ダンスミュージックを基調とした曲になる前の80年代の最大のヒット曲ではないでしょうか。

最近は、テレビで渡辺美里がMy Revolutionを歌唱する際は、よく共演していますが、古くは渡辺美里の20年続いた西武球場 (西武ドーム) コンサートの第1回目 (1986年) の時にサポートメンバーとして参加しています。

20160927_4.jpg

(詳しくは、「[渡辺美里・80年代アーカイブス5] 感想・レビュー・無料全曲試聴有 「Lovin' you -30th Anniversary Edition-」」をご覧ください)

[小室哲哉提供・シングル楽曲]
My Revolution / Teenage Walk / BELIEVE / 悲しいね / ムーンライト ダンス

misato_komuro.jpg



My Revolution」(マイレボ)は、当時のTBSの連続ドラマ「セーラー服通り」の主題歌となり、同ドラマ「~通り」シリーズの「痛快!OL通り」(主題歌「BELIEVE」/ 渡辺美里 [作曲: 小室哲哉])、「痛快!ロックンロール通り」(主題歌「RESISTANCE」/ TM NETWORK [作曲: 小室哲哉])と全ての主題歌を作曲しています。

RESISTANCE.jpg

TM NETWORK - RESISTANCE (1987年)


当時、渡辺美里(作詞)は小室哲哉(作曲)との組み合わせを「ゴールデン・コンビ」とよく言っていました。また、小室哲哉が当時MCをしていた番組「TK MUSIC CLAMP」でゲストに呼ばれた時も発言しています。(この番組の会話は書籍化されています)

misato_tk.jpg

(「With t―小室哲哉音楽対論〈Vol.2〉」より)


また、小室哲哉が作詞については渡辺美里の影響を受けた話や、渡辺美里からは「TM NETWORK」から「TMN」誕生 / 前夜秘話などもあり、FANKS!(TMファン)でもある私にとっては興味深い番組でした。また一部放送していたフジテレビのサイトに一部会話が活字化(With t―小室哲哉音楽対論〈Vol.2〉)されていますので、リンクしておきます。

misato_tk_1.jpg

With t―小室哲哉音楽対論〈Vol.2〉


小室哲哉 渡辺美里 - TKMC ARCHIVES NON EDIT TALK
http://www.fujitv.co.jp/TKMC/BACK/TALK/misato.html

ちなみに、渡辺美里のデビュー曲は小室哲哉作曲の「My Revolution」(マイレボ)と思っている方が多いですが、マイレボは4rd.シングルで、デビュー曲はケニー・ロギンス (Kenny Loggins)の洋楽カバーの「I'm Free (Heaven Helps the Man)」でした。

misato_im_free.jpg


1st. シングル「I'm Free」(1985年)


この曲のオリジナルは1984年の米ヒット青春映画「フットルース」(Footloose)の挿入歌でした。



美里が歌う「I'm Free」は、TBS系列のドラマ「スーパーポリス」のエンディング曲だったらしいのですが、当時は全く記憶にありません。前クールのドラマ「スクール☆ウォーズ」はドリフの「8時ダヨ!全員集合!」の流れで見ていたのは覚えています。80年代美里がこの曲に言及したり、ライブで歌唱したりしなかったので、デビュー曲は黒歴史だったのかと思っていました。

話は脱線しましたが、同じ小坂組 (レーベルメート)の「TM NETWORK」グループ自体の参加では、渡辺美里の3rd.アルバム「BREATH」(1987年)の「HERE COMES THE SUN (ビートルズに会えなかった)」などのコーラスに参加しています。



また、TM NETWORKはデビュー前に大江千里のアルバム「Pleasure」(1984年)、渡辺美里の2rd.アルバム「Lovin' you」(1986年)などにもコーラスとして参加しています。

20170708_1.jpg.jpg

(左: 大江千里 - Pleasure / 右: 渡辺美里 - Lovin' you )


大江千里の「Pleasure」は、当ブログ「[渡辺美里・80年代アーカイブス4] TM NETWORK ( 小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登 ) 、大江千里 夢の共演」、渡辺美里の「Lovin' you」は「[渡辺美里・80年代アーカイブス5] 感想・レビュー・無料全曲試聴有 「Lovin' you -30th Anniversary Edition-」」で無料全曲フル試聴ができます)

宇都宮隆 (TM NETWORK)

また、TM NETWORKのvo.である宇都宮隆はバックコーラスとして、6rd.アルバム「tokyo」(1990年) の「Tokyo」 、



7rd.アルバム「Lucky」(1991年)の「タイムトンネル天国」にもウツはコーラスとして参加しています。



逆に、渡辺美里TM NETWORKの3rd.アルバム「GORILLA」(1986年)のコーラスとして参加しています。この頃は哲ちゃん作曲の渡辺美里の「My Revolution」がヒットし、TMの次作アルバム「Self Control」でブレークする前夜のアルバムで当時の勢いを感じます。



ただし、CD・LPのクレジット・ライナーノーツには「コーラス: 渡辺美里」の記載しかないので、正確ではないと思いますが、2曲目「Nervous」、3曲目「Passenger」、5曲目「You Can Dance」、6曲目「I Want TV」、7曲目「Come On Let's Dance」は美里の声がします。(情報をお持ちの方、ご教示して頂けると助かります)

そして、当時のTMと美里の貴重なニューヨークでのレコーディング様子はこちら。





余談ですが、TMN解散後の1995年にウツ(宇都宮隆)は90年代後半~2000年代前半に渡辺美里に多数の曲を提供していた、石井妥師 (石井恭史)と「BOYO-BOZO」(ボーヨ・ボーゾ)というユニットを組んでいました。

[石井妥師 (石井恭史) 提供・シングル楽曲]
メリーゴーランド / いつか きっと / チェリーが3つ並ばない / 世界で一番 遠い場所 / Promise / 荒ぶる胸のシンバル鳴らせ



(いつかきっと / チェリーが3つ並ばない)



(メリーゴーランド / 世界で一番 遠い場所)


当時私は美里絡みで石井さんの事は知っていたので、なかなかいいユニットだなと思っていました。世間的には石井さんの知名度不足で知る人ぞ知るユニットになってしまったのは本当に残念です。(結成した95年のみの稼動でした)


[BOYO-BOZO - GAMBLE☆JUNGLE (ACROBAT) ](1995年)


木根尚登 (TM NETWORK)

また、TM NETWORKのギター担当でもある木根尚登は、渡辺美里のデビュー・アルバム「eyes」(1985年)に小室哲哉、岡村靖幸、大江千里と同様に楽曲を提供しています。

アルバム名になっている名曲「eyes」の作曲を担当しています。

misato_eyes.jpg

デビューアルバム「eyes」(1985年)




80年代では、4th.アルバム「ribbon」(1988年)に収録された「さくらの花の咲くころに」も「eyes」同様にメロディが美しい名曲です。



木根さん自身も、「木根尚登20周年記念ベスト提供楽曲集 キネメロ」(2012年)で「さくらの花の咲くころに」をセルフカバーしています。


(00:30 辺り~ さくらの花の咲くころに)


岡村靖幸

続きまして、「岡村ちゃん」こと、岡村靖幸。前出のてっちゃん同様に初期の渡辺美里の楽曲の多くを作曲しています。

[岡村靖幸提供・シングル楽曲]
Long Night / GROWIN' UP / 虹をみたかい

misato_okamura.jpg



特に2枚組みの2rd.アルバム「Lovin' you」ではほとんどの楽曲が小室哲哉と岡村靖幸の両氏に占められています。ちなみに10代のアーティストで最初に2枚組みアルバムを出した最初が渡辺美里でした。

misato_Lovin_You.jpg

2rd. アルバム「Lovin' you」(1986年)


なお、この2rd.アルバム「Lovin' you」は、2016年11月30日にリマスター盤がリリースされます、詳しくは当ブログの「[渡辺美里・80年代アーカイブス5] Lovin' you -30th Anniversary Edition-、11/30発売!」をご覧ください。

80年代の渡辺美里を代表する曲(青春ソング)と言えば、デビュー前の岡村ちゃんが職業作曲家として初めて提供した、2rd.シングル「GROWIN' UP」(1985年)のでした。

20170228_1.jpg

(GROWIN' UP ミュージックビデオより)


コーラスも今となっては豪華で、TM NETWORK & 岡村靖幸



そして私のお気に入りの岡村靖幸のシングル提供曲はオリコン1位で獲得した、「虹をみたかい」(岡村ちゃん自身もコーラスに参加している)と



虹をみたかい」は、渡辺美里本人出演のマクセルのカセットテープのCM曲にもなっておりご存知の方も多いかと思います。当時の購読していたFM雑誌の広告が残っていました。

misato_maxell.jpg

日立マクセル (画像をクリックすると、1024*631サイズで拡大します)

この時のみさっちゃんは、キレキレでカッコよかったですね・・・。岡村ちゃんは復活したのに。(当時のCMが某動画サイトにありますので、検索してみてください)

m_misato_maxell_cm.jpg.jpg


私のいちばん好きな曲は、「[渡辺美里・80年代アーカイブス1] デビュー30周年記念の想い出」で記載した「Lovin' you」です。動画サイトで岡村ちゃんご本人がピアノを弾いて歌っている動画を見たことがあります。



岡村ちゃんとの貴重な共演時の写真など、「[渡辺美里・80年代アーカイブス6] 岡村靖幸提供曲、岡村ちゃんとの関係は黒歴史?」で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

大江千里

最後、前出の渡辺美里と小室哲哉のコンビが「ゴールデンコンビ」と言われたのに対して、大江千里との組み合わせは、「プラチナコンビ」と言われていました。

[大江千里提供・シングル楽曲]
すき (Apricot Mix) / 10 years

misato_senri.jpg



「マイレボ」が世間的に「名曲」と言われていますが、「裏・名曲」と言えるのが大江千里作曲の「10 years」ではないでしょうか。シングルカットやUCCの缶コーヒーのCMタイアップ曲ということもありましたが、「戦後最大のポップアルバム」と銘打たれ、4th.アルバム「ribbon」のラストトラックとなっており、流行でこのアルバムを聴いた特に美里のファンでは無いという人でもこの曲が好きという人は多かったと記憶しています。



千里くんは、哲ちゃん、岡村ちゃんよりもかなり年上で、音楽的キャリアも違う(既に売れていた)のでこの二人とは違った落ち着いた楽曲(「eyes」収録の「悲しいボーイフレンド」など)が多かったように思います。

また渡辺美里自身、大江千里のヒット曲「格好悪いふられ方」などデビュー当時から大江千里のアルバムに多数コーラス (デュエット) として多数参加しています。小室哲哉も複数の曲をアレンジ(編曲)参加しています。

・「AVEC」(1986年) - 「本降りになったら」(デュエット)
・「OLYMPIC」(1987年) -「小首をかしげるTシャツ」(コーラス)



・「1234」(1988年) -「ジェシオ'S BAR」(コーラス)



・「HOMME」(1991年) -「格好悪いふられ方」(コーラス) /「COWBOY BLUES」(コーラス)



最近は、ソニーミュージックのサイトに千里くんが伴奏で、美里が「10years」を歌う動画があるので、リンクを張っておきます。

渡辺美里 with 大江千里 チャリティコンサート in NYC
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/misato/charity/

Sony Music Shop


伊秩弘将

世間的には、90年代に一世風靡する「SPEED」のプロデューサーとしてブレークした「伊秩弘将」も楽曲提供しています。

[伊秩弘将提供・シングル楽曲]
IT'S TOUGH / BOYS CRIED (あの時からかもしれない) / 恋したっていいじゃない

misato_izuchi.jpg



伊秩弘将は、3rd. アルバム「BREATH」(1987年)からの参加となります。

misato_breath.jpg

3rd. アルバム「BREATH」(1987年)


よく勘違いしている方が多いんですが、「恋したっていいじゃない」の作曲はこの「伊秩弘将」です。しかし、バックコーラスの「D・A・T・E」を岡村ちゃんが歌っているので、「岡村靖幸」作曲と勘違いした方が多いと思われます(苦笑)



ちなみにこの曲は、渡辺美里本人が出演していたUCC缶コーヒーのCMソングでした。当時このテレフォンカード(テレカ)を当てるために、散々甘いコーヒーを飲み続けてましたね(苦笑)

misato_tereka.jpg

UCC上島珈琲オリジナル・テレフォンカード


また、このUCCのCM曲になっていた「センチメンタル カンガルー」のリードのギターと作曲は、世間的には松たか子の夫として認知されている、美里ファンにはお馴染みの「佐橋佳幸」、そしてホーンアレンジは平松愛理 の元夫「清水信之」。

当時アルバムに入らなかった、TBS系テレビ「世界・ふしぎ発見!」テーマ曲だった「君の弱さ」も佐橋さん作曲。

[佐橋佳幸提供・シングル楽曲]
センチメンタル カンガルー / 君の弱さ


20170224_0.jpg



佐橋さんはツアーのバックバンド(MISATO & THE LOVER SOUL)のメンバーもつとめておられました。

20170228_2.jpg


[渡辺美里・80年代アーカイブス1] デビュー30周年記念の想い出」にも書きましたが、佐橋さん・清水さんは、美里の母校でもある東京都立松原高等学校の先輩です。

misato_sahashi.jpg

(左から、清水信之・EPO・佐橋佳幸・渡辺美里)

(名曲のかたわらに サハシあり~ギタリスト佐橋佳幸・30周年記念公演より)


----

十数年前に最初のホームページを作成した際に、小坂組 (小坂洋二プロデュース)の4人を共演させようという動きがあり、当時私もこの企画に賛同していました。(今は当時いただいたgifファイルしか残っていなく、この企画を進めていたホームページも閉鎖されているようです)

misato_4.jpg


小坂組の4人はテレビ・ラジオ・ライブ等でおのおの共演([渡辺美里・80年代アーカイブス4] TM NETWORK ( 小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登 ) 、大江千里 夢の共演)していますが、小坂組全員での共演は2015年現在未だ実現していないと思います。(管理人調べ)

[渡辺美里・80年代アーカイブス1] デビュー30周年記念の想い出」で書いた2003年に行われたエピックレコードジャパン創立25周年記念イベント「LIVE EPIC25」でこの4人が初共演という機会があったんですが、岡村ちゃんがまさかのて覚せい剤取締法違反で逮捕・・・。

この時に「恋したっていいじゃない」の歌唱があり、あの「D・A・T・E」のコーラスも幻に。


[DVD] LIVE EPIC25


20160515_7.jpg

( 出演順: 大江千里 ~ TM NETWORK ~ 渡辺美里 )


ちなみに、大江千里が「YOU」「REAL」「十人十色」、TM NETWORKが「Be Together」「Get Wild」「Self Control」、渡辺美里が「きみに会えて」(ピアノ伴奏・小室哲哉)「My Revolution」(ピアノ伴奏・小室哲哉)「恋したっていいじゃない」「10years」を歌っています。

20150511_2.jpg

(哲ちゃんの伴奏で、「きみに会えて」を歌唱)


渡辺美里のデビュー30周年イヤーである今年2015年に何らかの動きがあるのかなとかなり期待していたんですが、先日リリースされた渡辺美里デビュー30周年記念オリジナルアルバム「オーディナリー・ライフ」というアルバムで、80年代のコンポーザーからは大江千里、木根尚登(TM NETWORK)、伊秩弘将からの楽曲はあったようです。

しかし、30周年記念オリジナルアルバムなのにデビュー当時から渡辺美里に多くの楽曲を提供していた、哲ちゃん(小室哲哉)・岡村ちゃん(岡村靖幸)の提供楽曲は全く無く、80年代の頃が好きだった元ファンの私としては残念な気持ちになりました・・・。


19th.アルバム「オーディナリー・ライフ」(2015年)


もし、この二人が参加していれば、数十年ぶりにオリジナル・アルバムを買ってみようかなと思っていたのですが、残念・・・。

その3」([渡辺美里アーカイブ] CD音源リマスター・ハイレゾについて【その3】)へ、続きます。

※この記事で使用した画像・映像等の著作権,商標権又はその他の知的財産権画像などは全て権利者に帰属します。また掲載した私が所有しているCD・レコード、書籍等の写真は他のサイト・ブログ、各SNS等への転用・引用は一切しないようお願いいたします。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にも、遊びにきてくださいね♪ 内容は、クラブミュージック/クラブジャズ/洋楽の名盤CDガイド、Nゲージ入門(鉄道模型)ガイド、JR外房線ガイド(車両・歴史・廃線など)です。

にほんブログ村 音楽ブログへ もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

[渡辺美里・80年代アーカイブス1] デビュー30周年記念の想い出 [[80年代] 音楽・EPICソニー]

音楽系のサイトを見いていたら、中高生の頃に聴いていた渡辺美里さん(以後、敬称略)が、1985年5月2日でデビュー30周年という記事を読みました。

■音楽ナタリー
渡辺美里、30周年に向けた第1弾作品で大江千里とコラボ
http://natalie.mu/music/news/115140

渡辺美里、デビュー30周年目前にアルバム&全国ツアー日程第1弾
http://natalie.mu/music/news/135306

最近の活動はよく知らず、聴くことは全く無かったのですが、80年代を懐かしく思いブログに書くことにしました。


(デビュー30周年を記念した、『30th Anniversary Special Issue 渡辺美里ぴあ』)


私自身、数回あの伝説の夏の「西武球場」(西武スタジアム)ライブにも参戦しています。(後ほど記述します)

misato_seibu.jpg



(スタジアム伝説 FOREVER 1986 ~ 2005 BORN FINAL)


このブログを書くことにあたり、押入れからひっぱりだした当時の書籍などの資料を元に渡辺美里について、数回に分けてトピックを書きたいと思います。

渡辺美里を最初に聴いたきっかけは、中学生の時にクラスの前の席の奴がファンだったというのがきっかけでした。『渡辺美里』は、今でいう『ガールズポップ』の先駆けだった人だったと思います。アイドル風のルックスの歌手を「アーティスト」というフォーマットで売り出した最初の人だった思います。

当時読んでいた音楽雑誌『PATi・PATi(パチパチ)』がまさにそうで、よく渡辺美里も特集されていました。

misato_pati_pati .jpg


出版社が「CBSソニー出版」(現・ソニー・マガジンズ)ということで、今思うとCBSソニー/EPICソニー系アーティストのステマ雑誌でしたね(苦笑)。今のようなみんな情弱で雑誌(紙媒体)はとても大切な情報元でした。この頃は他のソニー系音楽史として、『GB』、『WHAT's IN?』 (ワッツ・イン)なんかもよく読んでいました。

渡辺美里は、もともと当時CBSソニーが主催していたオーディション「第3回 ミス・セブンティーンコンテスト」の出身です。本選で高校(東京都立松原高等学校)の先輩でもあるEPOの「土曜の夜はパラダイス」を歌って「歌唱賞」を受賞しています。

misato_seventeen.jpg


後ほど記述しますが、EPOの他に同高校の卒業生には渡辺美里プロデュースに大きく関わる事になる、佐橋佳幸・ギタリスト(松たか子の夫)、清水信之・アレンジャー(平松愛理 の元夫)がいます。

misato_sahashi.jpg

(名曲のかたわらに サハシあり~ギタリスト佐橋佳幸・30周年記念公演より)

(左から、清水信之 ~ EPO ~ 佐橋佳幸 ~ 渡辺美里)


今でこそ低迷していますが、当時の『EPICソニー』の黄金期を作った大功労者は、間違い渡辺美里だった思います。昨今、EPICソニーは所属アーティストを大幅リストラしていますが、あまりリリース状況が芳しくなく彼女は残っています。また、2003年にエピックレコードジャパン創立25周年記念イベント「LIVE EPIC25」に出演し、盟友・この曲の作曲者でもある小室哲哉の伴奏で「My Revolution」も歌っています。この時の模様はDVD化されています。


[DVD] LIVE EPIC25


20150511_2.jpg


また、当時のFM番組専門誌「FMステーション」の好きなDJランキングで数年にわたり1位でした。私は、TOKYO FMの「MISATO LAND~風になれたら」は毎週エアチェック(死語)していましたね(苦笑)



また、当時いかに人気があったというと、数年前にドキュメント映画「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987」になった、日本版・ウッドストックとしての伝説のライブとなった阿蘇の麓で行われた「BEATCHILD 1987」に出演しています。今でこそ、フジロック、サマーサニックなどの野外ライブは当たり前になりましたが、土砂降りの中オールナイトで行われたこのライブは衝撃的でした。


(映画「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987」予告編A)



このフェスは、マザーエンタープライズ(尾崎豊、ハウンドドック他)、ハートランド(佐野元春、渡辺美里、岡村靖幸他)の芸能事務所が中心に、ブルーハーツ、BOφWYも出ていました。


(映画「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987」予告編B)



そして、この時のほぼメンバーが「広島平和コンサート ALIVE HIROSHIMA 1987-1997」に出演しています。

misato_hiroshima.jpg


この時の一部音源はCD化されています。

misato_hiroshima_1.jpg

(Alive! HIROSHIMA 1987)


この頃の渡辺美里は、裸足で転げ回りなが歌う熱いタイプのスタイルで「女・尾崎」と言われたいました。

misato_ozaki.jpg


この時にハプニングで尾崎豊が渡辺美里のステージに乱入して、美里を抱えあげたり、美里の「GROWING' UP」を一緒に歌うという事もありました。

misato_hiroshima_2.jpg


残念ながら、CDには当日も同ライブに出ている、盟友・岡村靖幸作曲の「19歳の秘かな欲望」が収録されています。

もし、尾崎豊が生きていたら今の時代どんな歌を歌っているのか興味がありますが、不慮の事故で亡くなったことにより、時代のカリスマになったと思います。初期の名曲に2rd.アルバムのタイトル名になっている、『Lovin' You』(作詞:渡辺美里 / 作曲:岡村靖幸)という曲があるんですが、尾崎豊の名曲『I Love You』を思い起こされます。

misato_Lovin_You.jpg

(2rd.アルバム: Lovin' You)


この曲は渡辺美里も敬愛する尾崎豊同様に休止してしまう、伝説のシンガー「ジャニス・ジャプリン」への思いを綴った詩と当時は聴いていましたが、私は尾崎豊を思い出してしまいます。


(「パール」/ ジャニス・ジョプリン)


渡辺美里は休養もなく、コンスタントに活動されていますが、90年代に入ってから大失速したのは私を含めファンの多くが、彼女の歌の世界感(「キミ」や「ボク」など思春期の中学生の頃の葛藤などの「My Revolution」を始めとする青春ソング)からは、卒業したんじゃないかと思います。ファンはいつもでもティーンエイジではないし、いつまでも青春の代名詞ソングを求める、一部の熱狂的なファン向けになってしまった感があります。(個人的に)

80年代当時のファンとしては、90年以降にドラえもんの主題歌を歌ったり、ミュージカルに出るなんて、想像できませんでしたね(苦笑)



その2」へ、続きます。

※このトピックに掲載した私が所有しているCD・レコード、書籍等の写真は他のサイト・ブログ、各SNS等への無断転用・引用は一切しないでください。

※ここで紹介している動画は、すべて所属レーベル(レコード会社)、アーティスト所属事務所などがプロモーション用に作成し、YouTubeで公開している公式動画です。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にも、遊びにきてくださいね♪ 内容は、クラブミュージック/クラブジャズ/洋楽の名盤CDガイド、Nゲージ入門(鉄道模型)ガイド、JR外房線ガイド(車両・歴史・廃線など)です。

にほんブログ村 音楽ブログへ よかったら、応援クリックをお願いします!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
[80年代] 音楽・EPICソニー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。