So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

[HP更新] Nゲージ入門ガイド内の「Nゲージ総合カタログの購入方法」を更新しました! [Nゲージ]

毎日、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にたくさんのアクセス、ありがとうございます!!

現在、たくさんアクセスを頂いている、「でんしゃでGo!Nゲージ入門ガイド」内の「Nゲージ総合カタログの購入方法」の内容を更新しました。

「鉄道模型Nゲージ大図鑑 (Nゲージ・ニューモデルズ)について」に2017年3月3日発売の最新刊「鉄道模型Nゲージ大図鑑 2017」を追加いたしました。

Nゲージ大図鑑2017 (ネコ・パブリッシング)






<主な内容>

 ・巻頭: 鉄道芸人・ダーリンハニー 吉川と巡る京都鉄道スポット探訪記

 ・カタログページ (RMM本誌掲載分のブラッシュアップ)

 ・Nゲージ5大メーカー担当者インタビュー

 ・一畳サイズのレイアウト作品を4作掲載
                                など

詳しくは、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)内、「でんしゃでGo!はじめての「Nゲージ」(鉄道模型) 入門ガイド」(http://sotobou.web.fc2.com/mokei/)をご覧ください。

2017_n_logo.jpg

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にも、遊びにきてくださいね♪ 内容は、Nゲージ入門(鉄道模型)ガイド、JR外房線ガイド(車両・歴史・廃線など)、クラブミュージック/クラブジャズ/洋楽の名盤CDガイドです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ 鉄道コム もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!

[渡辺美里・80年代アーカイブス6] 岡村靖幸提供曲、岡村ちゃんとの関係は黒歴史? [80年代・90年代の音楽・カルチャー]

この[渡辺美里・80年代アーカイブス] シリーズを書くきっかけは、十数年ぶりに渡辺美里岡村ちゃんこと岡村靖幸の新譜をテレビ・ラジオCMで聴いたことがきっかけで、この時渡辺美里のデビュー30周年という事を知りこのブログを書いています。

実は岡村ちゃんは渡辺美里と同じ元EPICソニーレーベルでデビュー前から美里にかなりの楽曲を提供し、実年齢も1個違いだしお互いのデビュー30周年で何らかの絡みがあるのではないか期待していました。

まず、この時聞いたのは、渡辺美里は中古車買取・査定会社「アップル」のCM曲「ここから」と岡村靖幸は映画「みんな!エスパーだよ!」の主題歌(CM)「ラブメッセージ」という曲でした。


渡辺美里 - ここから / 岡村靖幸 - ラブメッセージ


このCMを見て、歌詞も相変わらず80年代の渡辺美里の曲に出てくる「君」「僕」とか優等生チックな内容が今も昭和臭がスゴイなという印象だったんですが、「作詩・作曲:大江千里」というのがびっくり。まさか、80年代美里に複数の楽曲を提供していましたが、今回は作詞も千里くんだってとは(苦笑)


アップルCM - 新しい街編 (30秒)


30周年という事で彼女の全盛期だった頃のイメージが作ったんだなという印象でした。



美里は中学生の頃はよく聴いていましたが、6th.アルバム「tokyo」(1990年)というアルバム辺りから全く歌詞に共感できない、「ナイフとフォーク」「Oh! ダーリン」など聴いて恥ずかしくなるような幼稚・メルヘンチックな歌詞が増え、デビュー10周年前後に懐かしさで少し聴いた程度でここ十数年の新譜については全く聴きませんでした。

tokyo-misato.jpg

(ちなみにこのアルバムに収録されている「"虹をみたかい (tokyo mix)」は岡村ちゃんの作曲・編曲です。このブログの下位で紹介しています)

しかし、同時期に流れていた岡村ちゃんの「ラブメッセージ」という曲を聞いてびっくり、岡村ワールド全開なのに全く古臭くないし、現役感がスゴイ。よく若手のミュージシャンが好きなアーティストとして「岡村ちゃん」「岡村靖幸」と名前を挙げるのも納得です。



渡辺美里と岡村靖幸は、この[渡辺美里・80年代アーカイブス] シリーズで書いていますか、80年代のEPICソニーを牽引した小坂洋二プロデュース組で、渡辺美里岡村靖幸TM NETWORK(小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登)大江千里は同じレーベルメイトとしてお互いのレギュラーのラジオ・テレビ番組などにゲストに呼ばれたりして、当時の4組はとても中がいいイメージでした。

misato_4.jpg


岡村ちゃんデビューのきっかけは、1985年初頭にEPICソニーへデモテープを送り、才能を認められ同年5月の渡辺美里の2rd.シングル「GROWIN' UP」に職業作曲家として楽曲を初提供。その後、初期の渡辺美里の曲には岡村ちゃん、哲ちゃん、千里くんなど同様に多数の楽曲を提供しています。



各人の提供曲、エピソードについては、「[渡辺美里・80年代アーカイブス2] 小室哲哉(TM NETWORK)、岡村靖幸、大江千里」、「[渡辺美里・80年代アーカイブス4] TM NETWORK ( 小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登 ) 、大江千里 夢の共演」をご覧ください。

そして、渡辺美里のレコーディング時に曲に合わせて踊っていた姿を見た、小坂プロデューサーが1986年に1st.シングル「OUT OF BLUE」でソロアーティストとしてデビューさせました。



今回のテーマは、岡村ちゃんはデビューのきっかけや職業作曲家として渡辺美里が深く関わっており、80~90年代は哲ちゃん(小室哲哉)千里くん(大江千里)同様にかなりの楽曲を提供しているのに関わらず、他のレーベルメイトと違い昨今のメディアを見てもお互いにコメントを出していない、共演を避けている、またお互いに黒歴史にしているのではないかという印象を受けています。正直、80年代に熱心に渡辺美里を聴いていた、元ファンとしてとても残念な気持ちです。

misato_okamura.jpg

(当時購入した80年代の岡村ちゃん提供シングル曲)


渡辺美里と岡村靖幸の共演に関しては、私の知る限り渡辺美里が1988年4月29日の岡村ちゃんの日清パワーステーション(当時新宿にありました)の公演にゲスト出演して、渡辺美里提供曲「19才の秘かな欲望」を一緒に歌唱したり、岡村靖幸が渡辺美里の1989年7月25日の西武球場公演「SUPER Flower bed BALL '89」にゲスト出演して、コーラス参加曲「恋したっていいじゃない」を一緒に歌唱しています。実は翌日の雷雨で中止になった公演を観にいったのてすが、前日は岡村ちゃんがゲストだったから、今日は千里くんかなと友達と話していた事をよく覚えています。



また、岡村ちゃんのデビュー前にも渡辺美里とTM NETWORKと一緒に1986年12月21日ので行なわれたTBS開局35周年記念「アニバーサリーロックフェスティバル」(日本武道館) にも一緒に参加しています。



(詳しくは、「[渡辺美里・80年代アーカイブス4] TM NETWORK ( 小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登 ) 、大江千里 夢の共演」をご覧ください)

また楽曲提供については、1985年の渡辺美里のファーストアルバム「eyes」に



GROWIN' UP」(シングル曲)「すべて君のため」「Bye Bye Yesterday」3曲(11曲中)を本人デビュー前に提供しています。(無料試聴・詳しくは、「[渡辺美里・80年代アーカイブス3] CD音源リマスター・ハイレゾについて」をご覧ください) 

1986年発売の2rd.アルバム「Lovin' you」は、岡村ちゃん自身が20曲中、8曲楽曲提供しています。(ちなみ小室哲哉は7曲提供しています)



(無料試聴・詳しくは、「[渡辺美里・80年代アーカイブス5] 感想・レビュー・無料全曲試聴有 「Lovin' you -30th Anniversary Edition-」」をご覧ください)

このアルバムの渡辺美里のデビュー30周年企画盤「Lovin' you -30th Anniversary Edition-」の発売時に、20曲中7曲提供の哲ちゃん(小室哲哉)は曲ごとのコメントを寄せてくれたのに20曲中8曲提供の岡村ちゃんは一切なし。ちなみに1曲提供の木根さん(木根尚登)のコメントの中に「岡村くん」と名前を出してくれていたのはうれしかったです。

[参考: ソニー・ミュージックレーベルズ]
小室哲哉さんと木根尚登さんからコメントを頂きました!!

他にも6th.アルバム「tokyo」(1990年)の収録曲で、渡辺美里本人出演のマクセルのカセットテープのCM曲で、オリコンNo.1シングル「虹をみたかい」は岡村靖幸作曲です。

misato_maxell.jpg



[シングル曲: 虹をみたかい]


このようにデビュー前から、岡村ちゃんは美里にたくさんの楽曲を提供したりライブで共演しているのにも関わらず、最近のメディア・インタビューを見ているとお互いの名前を全く出さないので、二人の80年代を知る元ファンとしてとても残念に思います。

渡辺美里デビュー30周年記念本「渡辺美里ぴあ」でも



80年代、渡辺美里に多くの楽曲を提供しその後職業作曲家として大成した、大江千里、伊秩弘将 (SPEEDプロデューサー)、TM NETWORKの木根尚登・小室哲哉などなど祝福のコメントを寄せていますが、岡村ちゃんは一切無し。ただし、岡村ちゃんはTM NETWORK デビュー30周年記念本「小室哲哉ぴあ TM編」には祝福コメントを寄せているのに・・・。(美里も大きく紙面をさいてコメントしています)



また、渡辺美里同様にEPICソニーの大御所、マーチンさんこと鈴木雅之ソロ・デビュー30周年記念アルバム「dolce」(2016年)には、岡村ちゃんはEPICソニー時代の1986年にマーチンさんに楽曲提供(別の夜へ〜Let's go〜)している縁で、「Luv or Trap」の楽曲提供とコーラスも担当しています。



しかし、渡辺美里デビュー30周年記念オリジナルアルバム「オーディナリー・ライフ」(2015年)には、楽曲提供なし。岡村ちゃん同様に職業作曲家として「My Revolution」で最初のヒットを飛ばした"ゴールデン・コンビ"の哲ちゃん(小室哲哉)もなぜか楽曲提供もなし。



と以前哲ちゃんのTwitter (@Tetsuya_Komuro)にはあったのですが、その後トークアプリ755 (https://7gogo.jp/komuro-tetsuya)で「何曲か送ったんだけど、まだ採用になってないね。」とコメントがあったので、今回はお蔵入りのようでした。

渡辺美里氏自身も2015年11月7日(土)のBS日テレ「地球劇場~100年後の君に聴かせたい歌~」にゲスト出演された時にデビュー30周年を振り返り、80年代の曲と各楽曲提供者をVTRで紹介した企画でも哲ちゃん(小室哲哉)、千里くん(大江千里)の事は話しても

20170216_3.jpg


岡村ちゃんについては完全スルー・・・。

20170216_1.jpg


渡辺美里って、嫌いになったら全て黒歴史にするのかなと思ったのは、90年代にプロデュースを受けたコバタケ(小林武史)さんの時も同様。

私が最近よく聴いている、小林武史プロデュースの女性SSW・桐嶋ノドカと渡辺美里との音楽対談番組「あたしの音楽」(フジテレビNEXT)を観ていたところ、

20170216_4.jpg


渡辺美里「小林武史さんが、プロデュース?」

桐嶋ノドカ「はい、そうなんです。」

というくだりで、その後一切渡辺美里と小林武史の関係性については触れられずに あなただって小林武史プロデュースでしょ!! ってツッコミました。番組冒頭でデビュー30周年と紹介されていたのに関わらず、コバタケさんは黒歴史なのかと感じました。

[渡辺美里・90年代アーカイブス番外編] 小林武史(MY LITTLE LOVER)との音楽的関係性」でも書きましたが、8th.アルバム「BIG WAVE」(1993年)と9th.アルバム「Baby Faith」(1994年)の2作は、小林武史プロデュースのアルバムでした。

20170216_6.jpg


彼女のデビュー10周年イヤーの1995年に作詞・渡辺美里、作曲・小林武史でシングル「シンシアリー[Sincerely]」(TBS系「筑紫哲也NEWS23」エンディングテーマ)をリリースしています。



ちなみに8th.アルバム「BIG WAVE」(1993年)では、岡村ちゃんも4曲 (3. ジャングル チャイルド4. BIG WAVE やってきた (シングル曲)8. 若きモンスターの逆襲10. さえない20代)提供し「作曲:岡村靖幸、編曲:小林武史」というクレジットはなかなかレアだと思います。




[シングル曲: BIG WAVE やってきた]

(ちなみにこの曲のコーラスは、美里と親交がある聖飢魔IIのデーモン閣下)


のちにこのアルバムのレコーディング・ツアーのサポートメンバーだったギターの藤井謙二氏がのちに小林武史プロデュースの「MY LITTLE LOVER」(マイラバ)としてデビューしています。

テロップで、「渡辺美里さんもアルバム「BIG WAVE」「Baby Faith」が 小林武史さんプロデュース」と表記があってもいいし、彼女の口からも以前小林さんと一緒に仕事をしたことあると言った方が、桐嶋さんにもよかったと思いますが、対談の台本にこのような話が一切ないのは非常に不思議でした。

コバタケさんが主催する「ap bank fes」の「Bank Band」には、美里のバックバンドでおなじみの山本拓夫氏、小倉博和氏などがいるので一度位呼ばれるのかと思っていましたが・・・。

今の10代~20代は渡辺美里の事を知らない人がほとんどで、親の世代の懐メロ歌手の認識程度だと思います。反して岡村靖幸、岡村ちゃんはサブカル層も含めよく10~20代も行く音楽フェスにも参加してるし、若手のアーティストも好きなアーティストのひとりに岡村ちゃんの名前をよく聞くし、現役感はスゴイいので岡村ちゃんとのコラボで新規ファンの開拓や私のように80年代の頃の聴いていた元ファンなど再発掘も可能だと思うのですが。

なんにせよ、80年代のEPICソニーの末っ子と秘蔵っ子として、当時EPICソニーのプロモーション・ビデオを作成してた坂西伊作監督のワンカメで独自の世界観が秀逸な映画で主演を努めた期待の若手アーティストだった二人、また岡村ちゃん作曲の美里の歌を聴いてみたい一人です。

20170216_5.jpg


左: Misato in eZ the Movie On the Flower bed (1989年公開)

右: Peach どんなことをしてほしいのぼくに (1989年公開)


たまに歌番組で昭和の懐メロ・青春ソングのくくりで、作曲者の哲ちゃん(小室哲哉)とセットで「My Revolution」ばかり歌っていますが、同時期の裏名曲の岡村ちゃん作曲の「Lovin' you」を岡村ちゃんの弾き語り聴いてみたいです。個人的には、マイレボよりもLovin' youの方が好きです。


[渡辺美里 - Lovin' you (Lovin' you) / Lovin' you (HELLO LOVERS) ]


某動画サイトで岡村ちゃんのセルフカバーのピアノ弾き語りで「Lovin' you」を歌っている動画がすごくよかったです。また、渡辺美里提供曲の「泣いちゃいそうだよ 」、



19才の秘かな欲望」も岡村ちゃんが歌うライブ音源もあったので、二人の共演を見てみたいですが無理ですかね(苦笑)

ちなみに「19才の秘かな欲望」については、美里オリジナルがアルバム「Lovin' you」(1986年)、美里セルフカバー版がアルバム「ribbon」(1988年)に収録、


[渡辺美里 - 19才の秘かな欲望 (Lovin' you) / 19才の秘かな欲望 -The Lover Soul Version- (ribbon) ]


岡村ちゃんのセルフカバー版が、アルバム「DATE」(1988年)に収録されています。


[岡村靖幸 - 19才の秘かな欲望 (DATE) ]


最後に当ブログ内で紹介した楽曲を無料試聴(サビ部の30秒間)できるように、音楽ストリーミングサービス「Spotify」をリンクしています。また無料会員に登録するとフル試聴できるのでオススメです。(詳細は、公式サイトにて)

Spotify_logo.jpg


※この記事で使用した画像・映像等の著作権,商標権又はその他の知的財産権画像などは全て権利者に帰属します。またここで紹介している動画は、すべて所属レーベル(レコード会社)、アーティスト所属事務所などがプロモーション用に作成し、YouTubeで公開している公式動画です。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にも、遊びにきてくださいね♪ 内容は、クラブミュージック/クラブジャズ/洋楽の名盤CDガイド、Nゲージ入門(鉄道模型)ガイド、JR外房線ガイド(車両・歴史・廃線など)です。

にほんブログ村 音楽ブログへ もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

[祝・新アルバム発売] ミシェル・ブランチ、2000~2017年のディスコグラフィのまとめ [洋楽]

ミシェル・ブランチ (Michelle Branch)の14年ぶりの3rd.フルアルバム「Hopeless Romantic」のリリースが決定しました!



すぐにAmazonで予約しました。ちなみに発売日は国内盤は3月24日、輸入盤は4月7日です。


Michelle Branch - Hopeless Romantic (2017) [国内盤]



(Hopeless Romantic Official Teaser)


現在、YouTube・Spotifyでタイトル曲「Hopeless Romantic」を公開しています。



簡単にミシェル・ブランチのディスコグラフィをまとめてみました。ぜひ、YUI片平里菜などミシェル・ブランチをルーツに持つ日本のギタ女・女性SSWが好きな10代・20代の方にもぜひ聴いてほしいです。

私がよく利用している音楽ストリーミングサービス「Spotify」をリンクしました。このブログで紹介した全曲無料で試聴可能と鳴っています。また無料会員に登録すると一定時間内ならフル試聴できるのでオススメです。

Spotify_logo.jpg


ミシェル・ブランチがデビューした2000年代前半は他にアヴリル・ラヴィーン、ヴァネッサ・カールトンなど多く女性SSWがデビューし、よく聴いていました。

20170206_1.jpg


当ブログでは、2000年のインディーズ時代の「Broken Bracelet」から2017年の最新作「Hopeless Romantic」、ジェシカ・ハープ とのデュオ「The Wreckers」や国内外の各ミュージシャンとコラボした楽曲などディスコグラフィとしてご紹介します。

2000年 Broken Bracelet [indie Album]
2001年 The Spirit Room [1st.Album]
2003年 'The Game Of Love' [single]
     Hotel Paper [2st.Album]

(The Wreckers)
2006年 Stand Still-Look Pretty [1st.Album]
2007年 Way Back Home: Live From New York City [Live Album]

2010年 Everything Comes and Goes [EP]
2011年 A Different Kind of Country [3st.Album] [Unreleased]
    Gateway [single]
    The Loud Music Hits [EP]
    West Coast Time [3st.Album] [Unreleased]
2013年 'GOOD LOVE with Michelle Branch' [single]
2017年 Hopeless Romantic
----

ミシェル・ブランチは、14才で初めてギターを手にして17才の2000年にインディーズでアルバム「Broken Bracelet」をリリースします。

20170206_4.jpg

Michelle Branch - Broken Bracelet (2000)


CDメディア自体は残念ながら日本のAmazonなどでは取り扱っていませんが、MP3版をAmazon(上記リンク)、AAC版をAppleのiTunesで購入することが可能です。



収録曲を見るとよく年メジャーデビュー作「The Spirit Room」の収録曲のアレンジ違いの原型を聴けます。聴き比べが出来るように左右に並べてみました。★は「The Spirit Room」の収録曲(曲順)となっています。

01. If Only She Knew ★8


02. Sweet Misery ★7


04. I'd Rather Be In Love ★9


08. Goodbye To You ★10


11. Sweet Misery ★7


そして2001年にマドンナ主宰のレーベル「マーヴェリック・レコード」(2007年にワーナーへ売却)からメジャー1st.アルバム「The Spirit Room」をリリースし、全世界で400万枚超、日本でも35万枚の大ヒットしました。1st. シングル「Everywhere」もよくCDショップ・ラジオなどでよくかかっていました。


Michelle Branch - The Spirit Room (2001)




ちなみにiTunesでは、「The Spirit Room」の「Deluxe Edition」が配信されています。以下のボーナストラックと

12. Life On Mars (Cover Song)
13. Goodbye to You (Unplugged Version)
14. All You Wanted (Unplugged Version)
15. Everywhere (Acoustic Version)

MVは、「Goodbye to You」、「All You Wanted」、「Everywhere」が追加されています。「Everywhere」のMVは日本盤のエンハンストCDに入っていた現在YouTubeで公開されているドラマ仕立てではない、ジャケット撮影時の風景を絡めたミュージックビデオになっています。

20170206_5.jpg.jpg



Michelle Branch - Everywhere [Official Music Video]



Michelle Branch - All You Wanted [Official Music Video]



Michelle Branch - Goodbye To You [Official Music Video]


2003年2月には、サンタナ (Santana)とのコラボ曲「The Game Of Love」がグラミー賞のベスト・コラボレーション・ウィズ・ヴォーカル部門を受賞しています。


Santana - The Game Of Love ft. Michelle Branch [Official Music Video] (2003)


なお、「The Game Of Love」はサンタナのアルバム「Shaman」(2002)に収録及び、シングルとしてリリースされています。





2003年6月に2rd.アルバム「Hotel Paper」をリリース。このアルバムでは、当時レーベルメイトだったシェリル・クロウ (Sheryl Crow)とのコラボ曲「Love Me Like That (With Sheryl Crow)」も収録されています。前作「The Spirit Room」の荒削り感が無くなり、今聴いても完成度が高いアルバムになっています。その後、ミシェルは結婚・出産でソロ活動を一時休止します。


Michelle Branch - Hotel Paper (2003)


ちなみにiTunesとSpotifyでは、「Hotel Paper」の「Deluxe Edition」が配信されています。ボーナストラックとMVが追加されています。


Michelle Branch - Hotel Paper (Deluxe Edition) (2003)


ボーナストラック(14~17曲目)は、「Wanting Out」、「Lay Me Down」、「A Case of You (Cover Song) 」、「'Til I Get Over You (Acoustic Live from AOL Sessions)」とMVは、「Are You Happy Now?」と「Breathe」です。


Michelle Branch - Are You Happy Now? [Official Music Video]



Michelle Branch - Breathe [Official Music Video]


特に当サイト「名盤☆定番 『洋楽CD』入門ディスクガイド」でも紹介している、ジョニ・ミッチェル (Joni Mitchell)の名盤「Blue」に収録されている名曲「A Case of You」がカバーされているので、ぜひ聴いて欲しいです。



2004年に同じ女性SSWのジェシカ・ハープ (Jessica Harp)と「The Wreckers」を結成します。

2005年には、The Wreckersとして再度、サンタナ (Santana)とのコラボ曲「I'm Feeling You」を発表します。


Santana - I'm Feeling You (feat. Michelle Branch & The Wreckers) [Official Music Video]


なお、「I'm Feeling You」はサンタナのアルバム「All That I Am」(2005)に収録されています。



2006年にThe Wreckersの1st.アルバム「Stand Still-Look Pretty」リリース。彼女のルーツであるカントリー色がとても強いアルバムになっています。


The Wreckers - Stand Still-Look Pretty (2006)





The Wreckers - Leave The Pieces [Official Music Video]

( [Making Of The Video] The Wreckers - "Leave The Pieces")



The Wreckers - My, Oh My [Official Music Video]

([Making Of The Video] The Wreckers - "My, Oh My" )


The Wreckersもこのアルバムとライプアルバム「Way Back Home: Live From New York City」を出して休止した感じになっているようてす。


The Wreckers - Way Back Home: Live From New York City (2007)




ミシェル・ブランチとしてのソロ名義は、2010年にミニアルバム「Everything Comes and Goes」をリリースします。


Michelle Branch - Everything Comes and Goes (2010)





Michelle Branch - Sooner Or Later [Official Music Video]


同時期に関係者向けにこのアルバムのデモCDが配布されています。このデモ盤はシングル曲「This Way」を含む13曲で構成され、2011年発売予定だった幻の3rd.フルアルバム「A Different Kind of Country」のデモではなかったと推測できます。は「Everything Comes and Goes」の収録曲(曲順)となっています。

01. This Way
02. Sooner Or Later ★2
03. I Want Tears ★3
04. Crazy Ride ★4
05. Ready To Let You Go ★1
06. Show Me A Sign
07. Long Goodbye (Feat. Dwight Yoakam)
08. Summertime ★5
09. Texas In The Mirror
10. I'm Not That Strong
11. Pretty Little Lyin' Eyes
12. Everything Comes And Goes ★6
13. Through The Radio


Michelle Branch - This Way [Official Music Video]


また、BMWの「MINIカントリーマン」のプロモーション曲「Gatewayティンバランド (Timbaland)プロデュースがネット配信されました。


Michelle Branch & Timbaland - Gateway [Official Music Video]


2011年8月26日に配信限定で、過去のヒット曲+新曲「Loud Music」を加えたミニアルバム「The Loud Music Hits」しています。




Michelle Branch - Loud Music [Official Music Video]


2011年9月21日には幻の3rd.アルバム「West Coast Time」をリリース予定(HMVで予約していました)でしたが、キャンセルされてしまいました。彼女のオフィシャルサイトでもジャケ写など公開されていたり、

20170206_2.jpg


ビルボードでも「Michelle Branch: Making Of West Coast Time」が公開されてレコーディング風景なども見られたので本当に残念でした・・・。(現在も視聴可能なのでリンクしています)

West Coast Time」のジャケットと幻の収録曲は以下となります。(関係者向けのデモ音源より)

20170206_3.jpg


01. Loud Music
02. Mastermind
03. Spark
04. If You Happen To Call
05. For Dear Life
06. Another Sun
07. Don't Feel Like Dancing
08. Here We Go Again
09. Jack & Jim
10. Smoke and Feathers
11. What Don't Kill You
12. Sunset Cigarette
13. Through The Radio
  The Story Of Us

最近の活動だと、2013年に国内アーティストのRihwaとコラボしています。


Rihwa - モンスターのかくれんぼ/GOOD LOVE with Michelle Branch (2013)



Rihwa - GOOD LOVE with Michelle Branch [Official Music Video]


そして2017年、幻の3rd.フルアルバム「West Coast Time」から6年・・・。3度目の正直3rd.フルアルバム「Hopeless Romantic」がリリース!!

Twitterにも書きましたが、ミシェル・ブランチはアジア系の血も混じっており東洋的な顔立ち。音楽ルーツがカントリーということもあり、キャッチーな曲調の中にも歌詞は日本人が持つ哀愁を感じさせるものがあります。

ミシェル・ブランチと同じ歳の日本の天才女性SSWと言えば宇多田ヒカル、彼女も1999年の「First Love」が大ヒット、ミシェル同様と結婚・離婚・出産を経験し昨年、「Fantome」で復活したようにミシェル・ブランチにももう一花咲かして欲しいですね。

個人的には、未発売になったアルバム「A Different Kind of Country」、「West Coast Time」の音源のリリース、サンタナとのコラボ曲「The Game Of Love」「I'm Feeling You」、ティンバランドのプロデュース曲「Gateway」などの含んだベスト盤などリリースして欲しいですね。

※この記事で使用した画像・映像等の著作権,商標権又はその他の知的財産権画像などは全て権利者に帰属します。またここで紹介している動画は、すべて所属レーベル(レコード会社)、アーティスト所属事務所などがプロモーション用に作成し、YouTubeで公開している公式動画です。

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました!!

ぜひ、ホームページ「外房雑記録」(http://sotobou.web.fc2.com/)にも、遊びにきてくださいね♪ 内容は、クラブミュージック/クラブジャズ/洋楽の名盤CDガイド、Nゲージ入門(鉄道模型)ガイド、JR外房線ガイド(車両・歴史・廃線など)です。

にほんブログ村 音楽ブログへ もし、この記事が参考になりましたら、応援クリックして頂けると励みになります!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の3件 | -